« April 2012 | Main | July 2012 »

05/18/2012

落合川の源流から 橋を訪ねて(11)

H111111 黒目橋 = 昭和45年3月竣功

橋の両側に (株)武蔵野工業埼玉工場

林屋コンクリート工業(株)と

♢此の辺りは 朝霞市街から 少し離れていて 中小の工業地が

多い場所のようです。

♢今回橋の スタート地点に来る迄 約7km位 歩いただろうか

川の両岸に 繁る雑草が きれいに刈り取られていて 思わず

シャッターを 押してしまい また 橋自体が 小さく写る

スナップになって しまいました。

H222222 泉 橋

黒目橋から 約450m位 来ると一気に

マンションが 増えはじめます

♢橋自体の両側に 手摺りも付いてる 独立した歩道専用の

スペースが きっちり取られていて 自転車に乗ってる人が

多くみられます。

H333333 溝沼 黒目橋

朝霞市立 朝霞第十小学校 大きな学校だ  

成る程 橋の上に パンダ トラ さる 等

カラフルに 絵が 絵が描かれている。

♢東武東上線も近く 市役所と 学校も多い サラリーマンの

絶好の 居住地なのかも 知れない。

H444444 溝沼 池田橋

朝霞 第三中学校

土手が低く屈んで スマートな橋が 表れる

♢『 桜 美しい花を 満開に咲かせる

   思い浮かべると 暖かな 気持に ならないですか

                  朝霞 第三中学校 生徒会 』

♢橋の両端に この詩が掲げてある 学校の周りや 土手に咲く

桜を 素直に 詠んだ詩でしょう。

♢空 あおく  水 きよし・・・・・

| | Comments (2)

05/13/2012

のんびり ハイク & ウォーク

K111111_2 『 小江戸 川越蔵の町 めぐり 』

西武線 本川越駅~喜多院~成田山川越別院

川越城本丸御殿~菓子屋横丁~時の鐘~

本川越駅  約7km~約2時間 ゴール14時30分までは自由

『 仙波東照宮 』 

徳川家康を祀る 東照宮は 元和3年(1617)家康の遺骸を

久能山から 日光に移葬する途中 天海僧正が 此処に供養して

創建しました。

日光 久能山の東照宮と共に 三大東照宮と いわれています。

K222222 どろぼう ばし

大昔 この橋は 一本の 丸木橋でした

大盗賊が この橋から 境内に逃げ込んだ

♢江戸幕府の 御朱印地で 町奉行では 捕える事が出来ず

ところが盗賊は 大師に諭されて 心から改心し 真人間に

生まれ変わりました。 『 大師の無限の慈悲の物語 』

後世に伝えるために この橋を『どろぼうばし』

云うように なったとさ!

♢喜多院の 一隅に 在ります。

K333333 成田山 川越別院

成田山 新勝寺の 別院

『川越のお不動様』として親しまれています

♢中院から 東照宮 喜多院 成田山と 並立してしているのが

この辺りの特徴で また 川越歴史博物館も すぐ前にあり

館内の 写真撮影 OKも珍しいことです。

K33445555 蔵造りの 町並み

瓦屋根が 際立つて 目につく 土蔵造り

江戸の面影を 今に 留めています

♢お馴染みなれど 此処は 絶対外せない スポットです。

K444444 時の鐘

江戸時代から 城下に 時を知らせて来た

今も 1日4回 時を 告げています

♢つい3月にも 川越に来たのに これと云って 目的もなく

何気なしに 参加する ウォーク  何か分からないが

再三再四 出掛けててしまう 。

今回も『小江戸川越 春祭り』に つられ ゴールデン・ウイーク

最終日に 川越の町を ぶらり ウォークしました。

♢時の鐘を 見つめていると 限りない 悠久の時が流れる。

| | Comments (2)

05/06/2012

芝桜

S111111_2 秩父 羊山公園

『 芝桜の丘 』は(約17,600㎡)

9種類 40万株が 直栽されてます

西武線 西武秩父駅下車 徒歩15分

♢池袋発 特急レッドアロー号に 途中の所沢駅から 乗車して

約1時間 飯能駅を 過ぎたあたりから やはり 秩父は山深く

長短の トンネルが 次々と現れます。

車窓の 輝く緑色の流れを こま切れにしてゆき トンネルを

10も 数えた所で 秩父駅に着きました。

S222222_2 グラデーション の妙

緩やかな傾斜を 保ちながら 広がる丘陵

芝桜の 赤 白 ピンク 紫などの 造形美

♢その模様は かの有名な 秩父夜祭の 屋台や笠鉾の

囃子手が着る 襦袢模様と 夜祭りの 躍動感を

イメージ しているそうです。

♢毎年 この位置に座して 色彩の造形美を 

イメージ・アップして 帰ります。

S333333 秩父の特産市 芝桜の丘に隣接

ごった返す 物産店売り場と 食事処

全国から 百万人の 観光客が訪れるとか

♢兜のような 武甲山(標高1、304m)の 雄姿を背に

魅力一杯の会場に なっています。

S444444 羊山 公園

秩父の シンボル武甲山の 北側の公園

秩父市街を 一望できる 見晴しの丘

♢武甲山資料館 忠霊塔 そして桜並木の下に 姿の池が

ひっそりと 碧い水を 満たしています。

♢美しい芝桜の絨毯を 堪能して 南北に細長く延びた 下り坂を

降ると また急坂になって 見晴しの丘が 待っています。

♢その斜面の 先にある 姿の池の周りは

華やかな芝桜と 対照的で 新緑の瑞々しい 若草色を映した

光景が 見渡す限り 飽くない広がりを 見せていました。

♢その端を ちょうど レッド・アロー号が トンネルに入るのが

見える。

♢トンネルを 抜けると其処は 秩父路の 始まりだ。

| | Comments (2)

« April 2012 | Main | July 2012 »