« 無人 野菜スタンド | Main | 夏 まつり »

08/08/2012

落合川の源流から 橋を訪ねて(14)

P111111水道 橋

碧い空 ふんわり浮かぶ 白い雲

夏なお繁る 雑草は 土手を這う

その中を 清々と やじろベえの如く 佇む 空色の橋

♢連日 オリンピックに 燃える夏 暦の上では 立秋なれど

30度を超す 真夏日は 変わらず続いています。

♢今日も 橋を訪ねて 朝霞市岡町を 歩きます。

P222222岡 橋

東洋大学や 博物館 中学校 等

文教地区で 比較的 道路も幅広い

♢夏休みのせいか 人も車も 少ない。

P333333笹 橋

聳え立つ マンション その裾を

まるで貝のように 密集する 木造住宅

♢朝霞駅にも近く 又 市民の安らぎの場所 太田道灌築城跡

と言われる 城山公園 柊塚古墳も在り 恰好の住宅地です

P444444花の木 橋

先の橋から 870m 一本道の直線

太陽だけが ギラギラと輝く 灼熱の日

♢むきだしの腕が 目に見えて 肌色を増していき 土手の雑草  

からは むんむんと熱気が 漂ってくる。 

《 暑い暑い夏の日 》 それでも 涼しげに 蝶が 忙しく舞い 

トンボが スイスイ 低く高く 飛び交っている。 

♢まもなく 終戦記念日が訪れる それぞれが感慨深い

 《 夏の思い出 》

その日も こんな暑い 真夏日だった事を 思いだす。









|

« 無人 野菜スタンド | Main | 夏 まつり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 無人 野菜スタンド | Main | 夏 まつり »