« 川越 まつり | Main | 東京駅 »

10/30/2012

落合川の源流から 橋を訪ねて(16)

9111111早瀬 橋 新河岸川

埼玉県 和光市から 東京都 板橋区に入る

川幅も40m位 水量も豊富で 深そう

♦今日は 都営三田線 新高島平駅より スタート 都内に入り

一級河川 新河岸川は 整備が行き届き コンクリートの壁が

川沿いを 1,5mの高さで囲み 水辺が望めず 何か味けない

思いもするが 此れも仕方ないのかも。

♦右岸には 中央卸市場 左岸は 新河岸水再生センターが

在って 広い屋上から テニスコートが ひと町 あるくらいの

大きさで 続いています。

♦何となく 辺りの景色が 一変して来る

9332222芝原 橋

スマートで 典型的な 人道橋

川辺に聳える リバーサイド マンション 

♦水は 濃い深緑で 釣り人も 見かけるが どんな魚が

釣れるのか? 水鳥は とんと 見かけない。

9223333_4徳丸 橋

新河岸川を辿るも 初めて新河岸の住所が

新河岸 1丁目~3丁目迄 在り 注目

♦川越市から 延々と流れる 新河岸川が この場所で

新河岸川と 命名されてるが どんな謂れが あるのか

由来が知りたいが?

9444444_2西台 橋

明治時代を 彷彿させる 欄干燈

バックの 高い塔は 清掃工場

♦数々の 公共事業施設と トーハン 高砂鉄鋼 新日鉄

日本金属 等々 有名企業が 林立している。

9555555新河岸川から 離れて 荒川を 望む

陸上競技場 トラックと サッカー場

見渡せば 風さわやかに 秋の色

♦堤防を挟み 併行して流れる 荒川と新河岸川の 間が

少しづつ広がりを 見せ始めて 目測では 約800mの 間隔が

ひらいたような 気がします。

♦こうして 川と川とが 自在に 広がったり 寄り添ったりして

街 工場 公園を 造りながら 東京湾に 向って流れ行く。

♦荒川が トラックの 赤いラインの先で 碧い帯になって

延びてます。






|

« 川越 まつり | Main | 東京駅 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 川越 まつり | Main | 東京駅 »