« 落合川の源流から 橋を訪ねて(15) | Main | 落合川の源流から 橋を訪ねて(16) »

10/23/2012

川越 まつり

0111111『 川越氷川祭の 山車行事 』

小江戸の街を 豪華絢爛

国 重要無形民俗文化財の 山車がゆく

♦都心から小一時間 西武線の 川越駅下車 駅前広場から

すでに山車と 山車同士が 正面から 向かい合って お囃子の

儀礼打ち 『曳っかわせ』が 始まっています。

♦早くも 正調江戸祭礼情緒は 一気に佳境に・・・・・

♦例年どうり 10月21日(日) 川越祭りに参加しました。

0222222子狐丸の 山車

濃い青色の空 りそな銀行を バックに

すーくっと 立つ 艶姿の 人形

♦町中の 到る処で おかめ ひょとこ さる きつねと

お面を 付けた踊りが 櫓の上から 迎えてくれます。

0333333_2川越市役所 前

猩々の山車

総勢29台の 山車が 参加で

♦市内 何処にいても 山車と祭囃子が 途切れなく続いています

0444444太田道灌の 山車

川越に縁の深い 道灌

川越市 市制施行 90周年で

♦歴史と 由緒ある 山車が 10年に 一回 29台 総出で

出揃い 伝統の蔵の街を 制圧しています。

0555555_2小江戸 川越の シンボル

 時の鐘

秋の日は つるべ落しに暮れ やがて宵闇に

♦いつしか 日も傾きはじめ そして 夜は提灯の光が 乱舞する

『曳っかわせ』が 始まるが

♦その前の 小休止に入ったようで 山車の車輪が止まり

踊り手も下がり ただ お囃子だけが 健在で 遠く近くと

入り乱れ 小江戸情緒は 果てしなく蔵の街を 染めてゆく。


 



|

« 落合川の源流から 橋を訪ねて(15) | Main | 落合川の源流から 橋を訪ねて(16) »

Comments

29台の山車は、見事でしょうねぇ。
こんな風情のなかにも 今年もまた
こんな季節になった。

ここまで生かされてきたなーと 秋の匂いと共に
しみじみ感じてしまうのは、やはり「秋は秋」なんですね。

Posted by: ONSAI | 10/29/2012 at 21:38

ONSAIさん こんにちは!
いつもコメントありがとうございます。
 

いよいよ秋色が濃くなってまいりました。
川越祭りは 大通りから路地裏まで到る所に
山車が待ちうけていて 又人の数も半端でなく
何処も前に進むのが困難な状態でした。

フェスブックは色々とご指導頂いてますが 
今だ亀のように手も足も出ない状態です。

Posted by: 亀の歩き | 10/30/2012 at 10:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 落合川の源流から 橋を訪ねて(15) | Main | 落合川の源流から 橋を訪ねて(16) »