« October 2012 | Main | December 2012 »

11/27/2012

マイペースの ウォーキング

S111111『爽やかな秋 落葉と水面を感じる』

西武線東伏見駅~武蔵関公園~千川上水

善福寺公園~井草八幡宮~妙正寺公園~

下井草駅ゴール 約10km~約3時間 コース

diamond日に増し 寒気加わる この頃 風はやや強くとも 小春日和の

好天気に恵まれ 久しぶりに 西武グループウォーキングに

参加しました。

diamond東伏見駅で受付を終えると すぐ前 公園が目に入って来ます。

瓢箪を 縦に伸ばしたような 細長い形の 富士見池が 

日本晴れの 空を映して 心地良い スタートが始ります。

S222222千川 上水

木漏れ日の中を カサカサ 落ち葉を

踏み締めながら 歩く あるく

diamond耳を澄ますと オナガ ツムギ ヨシキリなど 小鳥の

さえずりが 葉群れから もれてきます。

S333333善福寺 公園

武蔵野 台地の 一部をしめて

此の辺りは 妙正寺川や 神田川が流れ

diamond三宝寺池 妙正寺池 井の頭池と それぞれ 湧水で出来た

池が 特徴と なっています。

diamond公園には 上の池と下の池とが 道路を挟み 茅が生い茂り

自然を生かした 風景と 少し色づき始めた 雑木林は

武蔵野の 面影を たっぷり 残しています。

S444444井草 八幡宮

源頼朝 創建  参道が広く

一万坪の境内は こんもりと 松や

檜 欅 楠 など 大木に 覆われている。

diamond時は 丁度 七五三で 健やかな成長を 願う ご家族ずれの

人たちで いっぱいでした。

S555555 妙正寺

文和元年(1352)創建で三十番新堂

三代将軍 徳川家光から 鷹狩りの際

diamond武運長久を 祈願し 葵紋幕と 朱印地五石を 寄進し以来

『 御朱印寺 』とも 呼ばれています。

diamond約10キロの ウォーク 都心で在りながら つくづく 樹木が

多いのに 気付かされる 公園でなくとも 各々家の庭に 並ぶ

植木や花々を 咲かせている。

diamondそれにしても 植物は 大小限らず 芽を出し 花を咲かせ

枯れ葉になって 其々の色合いを 見せて 散っていく 

そして また芽が出て来る その自然の繰り返しが

何か不思議な気もする。

diamondさて もう お昼を とっくに廻っている ゴール下井草駅前の

そば屋さんから 仄かに 醤油の香ばしい 匂いが漂って・・



 




| | Comments (2)

11/20/2012

東久留米市 市民まつり

U111111市民 みんなの まつり

主催=農協 商工会 青年会議所

後援=東久留米市 11月10日~11日

diamond市民と 農工商 共催で 盛り上がる恒例 市民まつりが

(土日)2日間 東久留米市駅前 ロータリーから 市役所に至る

まろにえ富士見通りで 色々な催しものが 施工されました。

diamond市役所前のステージで 一日中『歌謡ショー』『大正琴の演奏』

など プログラムが組まれ そして1Fホールは 市民特産の

『農産物品評会』になっていました。

U222222野菜の 宝船

宝船は室町時代の頃 良い初夢を見たいと

庶民感情の 中から 起こったものです

diamondハクサイ キャベツ 赤カブ 白カブ ニンジン カリフラワー

と積み上げて 農産物の宝船が おまつりの シンボルとして

市役所の前で どっかり 停泊しています。

U333333まろにえ 富士見通り

駅の見晴らし台の ステージから 望むと

居並ぶビルの間を遠く真っ白な富士が見える

diamond自慢の通りは『和太鼓演奏』や『阿波踊り』『キッズダンス』

『新体操演技』など プログラムが組まれています。

まだ時間前で 車の通行が 出来てます。

U444444東久留米駅 西口 ロータリー

市民主役の『 ラジオ体操みんなの体操 』

『 スクエアダンスの実演 』 元気一杯

diamond秋空のなか 駅前から たこ焼き 焼きそば等 飲食店

じゃがバター 蒸しパン けんちん汁 焼き鳥 餃子や

また 各商店の 物販店も並び エトセトラ

まろにえ富士見通りは 道路両側に ぎっしり テント出店で

埋まっています。

diamond元気な街づくりと謳い 市民総出の 年一回の おまつり

好天気に 恵まれて 大勢の人々で 賑わっていました。









| | Comments (2)

11/13/2012

落合川の源流から 橋を訪ねて(17)

U111111 舟渡 大橋   板橋区

上が車道で 下が歩道の 2階建ての橋

橋の袂に癒しの 水辺公園が見える

♦歩道橋の 中央部には 太鼓のような 瀬戸物で出来た 台が

ベンチ 代りに 点々と 置いてある。

♦春には土手の桜並木 夏には夕涼みに 格好な場所になりそう。

♦東久留米市の 落合川源流から 橋を訪ねて 早や一年が

過ぎて 東京都下から 埼玉県を回遊し 又東京に入る

累計65番目の 橋に 掛ります。

U222222蓮根 橋

新日鉄の取水口が 大きく間口を広げている

手前に ワコールと ゴルフ 練習場も在り

♦川面は さざ波が 下流からの風に吹かれて うろこ模様になり

透明度は O状態だが 良く見ると 少しの 木の葉を浮かべた

流れが確かに 下流に向かっている。

♦時たま 白い羽の セキレイが 矢のように 飛んでいるのが

救いだ。

U333333志村 橋  昭和46年3月 竣功

片側 2車線と 広い 中山道の橋

土手沿いの 秋は深まり 桜には枯葉もなく

♦わずか水辺に すすき 葦 ミズソバ などが 密集している

その下の コンクリート堤に 水が ザワザワと 規則正しく

水音を 出して それは磯の波音に 似た響きに聞こえる。

♦赤い建物の看板に『 ワクワク!ドキドキ! 』と あるが

さて 何でしょう?  それは 遊技場でした。

U444444平成 橋  平成元年 八月 竣工

平成の記号に 何か関係が 在るのか

手摺は 総アルミ製で 床はタイル張り

♦欄干に 樹木の飾り窓も 幾つか付いていて 総じて

立派な造りは 平成を記念に 出来た橋のような 気がする。

♦荒川の中央を 東京都と埼玉県の 県境として 共に流れる

新河岸川は 荒川と違って 数倍に橋が多く この辺りの

橋と橋との 間隔が 目に見えて 近くなって来た。

♦もう直ぐ 隅田川が 視野に 入って来るのかも?






| | Comments (0)

11/06/2012

東京駅

T111111あぁ・・・ 東京駅 よみがえる

明治41年に着工 大正3年に開業した駅

数々の歴史を踏まえ今年24年復原しました

♦秋色日増しに 濃くなって来た頃 遅まきながら 東京駅舎を

見学に来ました。

♦日本を代表する ビジネス街と共に 発展して 凡そ100年

見事に 東京駅は新しく 生まれ変わりました。

♦先ず中央玄関 東京銘のある 記念撮影スポットから

歩を 進めます。

T222222南 ドーム部

国の重要文化財である 丸の内駅舎

未来の継承すべき 貴重な歴史的 建造物

♦首都東京の シンボルとして その雄姿を 留めています。

T333333中央部 ~ 北ドーム部

屋根は 天然スレート銅版で 葺かれている

赤煉瓦 駅舎の中に 文学の舞台になった

♦東京ステーションホテルも 新たに 営業再開で 一Fの

ロビーラウンジと 2Fの 和風カフェを 見学する。

T444444ドーム 見上げ 内部

見上げ部の オリジナルデザイン

鷲型の彫刻 戌と 花飾りの レリーフ

♦兜型(秀吉の兜) 鳳凰型と剣型の レリーフ 数々の彫刻が

見事に甦って やはり それが人気の 証しだと思います

T555555   皇居  二重橋

風格のある 首都 東京駅の目前に

緑豊かで 人々が固唾をのむ 眺望が見える

♦皇居に 向かう広場は 街路樹の銀杏も 疎らに色づき初めて

また辺りを 一面 覆うように 並ぶ松は 一本一本が まるで

盆栽のような 風雅な趣を 堪能させてくれます。

♦砂利道を ザックザックと 音も軽やかに 暫らく広場を歩いて 

二重橋に近づくと 変わらない 端正で 威厳のある 

風景が表れて 心が澄んで 引き締まる 思いがします。

♦風がそよいで 光溢れる 広い空が 広がりを見せています





| | Comments (2)

« October 2012 | Main | December 2012 »