« 落合川の源流から 橋を訪ねて(16) | Main | 落合川の源流から 橋を訪ねて(17) »

11/06/2012

東京駅

T111111あぁ・・・ 東京駅 よみがえる

明治41年に着工 大正3年に開業した駅

数々の歴史を踏まえ今年24年復原しました

♦秋色日増しに 濃くなって来た頃 遅まきながら 東京駅舎を

見学に来ました。

♦日本を代表する ビジネス街と共に 発展して 凡そ100年

見事に 東京駅は新しく 生まれ変わりました。

♦先ず中央玄関 東京銘のある 記念撮影スポットから

歩を 進めます。

T222222南 ドーム部

国の重要文化財である 丸の内駅舎

未来の継承すべき 貴重な歴史的 建造物

♦首都東京の シンボルとして その雄姿を 留めています。

T333333中央部 ~ 北ドーム部

屋根は 天然スレート銅版で 葺かれている

赤煉瓦 駅舎の中に 文学の舞台になった

♦東京ステーションホテルも 新たに 営業再開で 一Fの

ロビーラウンジと 2Fの 和風カフェを 見学する。

T444444ドーム 見上げ 内部

見上げ部の オリジナルデザイン

鷲型の彫刻 戌と 花飾りの レリーフ

♦兜型(秀吉の兜) 鳳凰型と剣型の レリーフ 数々の彫刻が

見事に甦って やはり それが人気の 証しだと思います

T555555   皇居  二重橋

風格のある 首都 東京駅の目前に

緑豊かで 人々が固唾をのむ 眺望が見える

♦皇居に 向かう広場は 街路樹の銀杏も 疎らに色づき初めて

また辺りを 一面 覆うように 並ぶ松は 一本一本が まるで

盆栽のような 風雅な趣を 堪能させてくれます。

♦砂利道を ザックザックと 音も軽やかに 暫らく広場を歩いて 

二重橋に近づくと 変わらない 端正で 威厳のある 

風景が表れて 心が澄んで 引き締まる 思いがします。

♦風がそよいで 光溢れる 広い空が 広がりを見せています





|

« 落合川の源流から 橋を訪ねて(16) | Main | 落合川の源流から 橋を訪ねて(17) »

Comments

東京駅が いまさらながら、東京観光新名所になった みたいですね。

実は、今月になって、柏市・日高市(巾着田のすぐ近く)と2件続いて臨時に 出向くご縁がありました。

とはいえ、とんぼ返りですから、東京駅の途中下車はなく、観光は全くなしでしたので、ココで ゆっくり見させて頂きました。

Posted by: ONSAI | 11/09/2012 at 16:32

ONSAIさん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございます。

菊かおる秋、今日は雲ひとつない青空です。

先日は関東地区でしたか、変わらず諸事ご精進ですね。

そして先の491回目報恩講、式次第も粛々と大きな儀式が、
ブログで良く伝わってきました。

当方は変わらずスローで歩いています。

Posted by: 亀の歩き | 11/10/2012 at 09:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 落合川の源流から 橋を訪ねて(16) | Main | 落合川の源流から 橋を訪ねて(17) »