« November 2012 | Main | January 2013 »

12/26/2012

浅草 歳の市 羽子板市

Q111111『 浅草の シンボル 雷門 』

何時来たのか忘れる位 久しぶりの浅草です

浅草雷門前 有名な からくり人形時計は

diamond現在は 無くなり その後 斬新なデザインの 8階建

浅草文化観光センターが リニューアル オープンしていました。

diamond紅い大きな提灯と 両仁王さまの 控える雷門を くぐる。

Q222222仲見世 通り

一年の無事に感謝し 又 来年良い年にと

願う 歳の市は 最早 お正月気分

diamond正月用品の購入も 通常のお店で 用が足りるようになり

歳の市と云っても 特別な感じはなく 仲見世通りは 何時もの

賑わいを 見せて その上空を 凧のように 

( 巳の宝 )が 宙に舞っています。

Q333333羽子板 市

景気を ハネあげ 邪気を ハネ飛ばす

ギッシリ並ぶ 縁起物の 羽子板

diamond歌舞伎 一八番の 源義経と 弁慶 連獅子と そして

中央に 宝船 その他 東京スカイツリーや 巨人軍の選手など

今年流行語の ワイルドだろぉ・・ も 控えています。 

Q444444浅草観音 境内に並ぶ 羽子板のお店は

約50店 人出は3日間で 約30万人とか

気取らない浅草は 下町風情 たっぷり

diamond遠くに 昔懐しき 浅草 花やしき遊園地の シンボル

スペースタワーが 視える。

diamond“ お買い上げ ”  ヨゥー!

『シャシャシャン シャシャシャン シャシャシャン シャン』

拍子木の音と 掛け声が 底冷えのする 真冬のそらに

はねてゆく・・・・・



 

  


  

| | Comments (2)

12/18/2012

落合川の源流から 橋を訪ねて(20)

O111111岩淵 橋 = 北区

「 岩淵みんなの散歩道 」 看板在り

冬特有 空気の澄み切った 青空が広がる


diamond
葉を落とした 冬木立の中 枯葉の匂いを含んだ 北風が

吹き抜ける。 溜まり溝には 薄い氷が張っていて 何も

遮るものもない 土手の上は寒い。

diamond落合川の源流から橋を訪ねては 一年と三か月 今回の

4ッの橋を含めて 80番目の橋になります。

diamondちっちゃな旅は 京浜東北線 赤羽駅下車から 始まります

O222222志茂 橋

傍に 荒川治水資料館 (無料)在り

時たま船の往来 しゅんせつ船タンカー通る

diamond船が通ったあとは 夥しい白波群が 川岸に バタバタと

打ちつけて 暫くは波紋が キラキラ輝きを見せ ゆっくり

余韻を残しながら 治まっていきます。

O333333岩淵 水門

この門を 抜けたなら 待望の

    隅田川 

diamond落合川の 起点源流から橋を ひとつひとつ訪ねて

黒目川合流 (東久留米市)~ 新河岸川合流

(埼玉県朝霞市 和光市)~(東京都板橋区 北区)

遂に隅田川と合流。

diamond此処で荒川は 河口から上流22kmまで 人工的に造られてた

川と解る。 かってはその名の通り 凄まじい暴れ川で 遠大な

荒川放水路工事と共に 治まったそうです。

diamondその荒川の一部と 新河岸川が この水門から 合流します。

なみなみと潤う流れは 一気に川幅を広げて 大河のおもむきを

増してきます。

O444444新神谷 橋

水門から 堤防を5百m 進むと

流れは ろの字に 大きく湾曲し始める

diamondススキ 葦の そよぐ土手とは 暫しお別れで 工場の高い塀の

ような コンクリートの擁壁道がつづく。

それでも護岸補強工事と 「水辺に親しむテラス」の整備工事が

塀の内側で進んでいるのが 伺える。

diamondこの先墨田川は 荒川と 付かず離れず そして江戸川を含めて

三本の矢のように 東京湾に向かいます。

あやしくも楽しみな 江戸情緒を ふんだんに残す 隅田川は

この先 どのような様相を しめすのか・・・・・









| | Comments (2)

12/11/2012

落合川の源流から 橋を訪ねて(19)

L111111浮間 橋 = 北区

埼京線 北赤羽駅 下車

新河岸川の 真上を跨ぐ 橋上の駅

diamond川の橋上にある 駅なんて初めてで 同時に東京水辺ラインの

水上バスの 船着き場が 残っています。

diamondもともと北赤羽駅との 併用で 交通便効験の為に 作られた

船着場ですが 今は使っていないようです。

diamond一人 ぽっんと釣り竿を 立てた釣り人が います

「今は何が 釣れますか」 「20センチ位のハゼが 吊れるよ」

「まだ釣れて ないですね」 

「うん 釣れても釣れなくても いいんだよ」

と 太公望は いわく・・・・・

L222222中の 橋 1986年 3月 竣功

先の浮間橋から 土手が人に優しい道になる

鉄平石に張られた歩道と 石段から昇る草地

diamondまるで競技場の 観覧席のような 景色がつづく

L333333東北本線 (1) 鉄橋

京品東北線と 高崎線と

三つの橋が 連立に なっています

diamond川の周りが 少しずつ 余裕が見えはじめるが 如何やら

北区の橋は 緑色に統一 されているらしい。

L444444東北本線 (2) 鉄橋

同じ位置から 荒川を 望めば

高層ビル群に ウス緑色の橋梁が 映える

diamond荒川を渡れば 埼玉県 川口市だ 鋳物の工場が 犇めく

下町の印象が 頭を過るが 今はビジネスと住宅地なのでしょう。

L555555新荒川 大橋

荒川と 新河岸川が 広い土手と緑地を挟み

急接近 暫く並行しながら 岩淵水門へ

diamond右岸は「新河岸川庭球場」で若者達の 華やいだ掛け声がとどく

diamond一方「赤羽桜堤緑地」は 桜並木がつづき 落葉が吹き溜まりに

山になって重なり 踏めば踝まで埋まる。

今の桜は 春の晴れ舞台から 葉をすっかり落とし 小枝の密集が

レントゲン写真のような アートになってます。 そして ひっそりと 

やがては訪れる 春をジーと耐えて待つのでしょう。

diamond荒川と 新河岸川の あいだは 幅が3百mも在る 公園緑地で

「人と緑の太陽の道」は 更に隅田川へと 誘うように進みます。




 

| | Comments (2)

12/04/2012

落合川の源流から 橋を訪ねて(18)

U111111長後 さくら橋=板橋区~北区

何故か橋梁が 頑丈になってくる

土手は完壁にコンクリートの用壁になり

diamond用壁の高さが 4m位あるので 川沿いも 何とも味気ない

右岸に広大な 都下水道局の 空地が 小規模の森を残してる。

U222222新河岸 橋

此の辺りは 都心に向かって 大きく流れは

弓を引いたように ゆっくり 湾曲してます

diamond浮間水再生センター 中外製薬 太平製紙 王子運送など

物流の 世界のように映る。

U333333新河岸 大橋

ぐーと 川幅が広がり 百m位も 有るのか

たっぷりの 水を湛えて ゆっくり動いてる

diamond川辺の 区立小豆沢公園広場は 病院 小中高校 都住など

住宅地の 中に在り 此処は憩いの場所で 水面が足下に迫り

新河岸川が 初めて見せる 水辺の 公園スポットらしさを 

感じさせます。

U444444東北 上越 新幹線 鉄橋

碧い空に うすい空色の 新幹線が

細い紐のような 線で 通り過ぎていく

diamond今日は一日中 日が照りわたったせいか 初冬特有な 透明な

光に包まれて とても 穏やかな ウォークでした。

diamond久しぶりに 走る 新幹線 『コマチ』を 見ていると

歩いて ばかりでなく 偶には 新幹線で・・・・・

     “ そうだ いわてに ゆこう ”




 


| | Comments (2)

« November 2012 | Main | January 2013 »