« 落合川の源流から 橋を訪ねて(18) | Main | 落合川の源流から 橋を訪ねて(20) »

12/11/2012

落合川の源流から 橋を訪ねて(19)

L111111浮間 橋 = 北区

埼京線 北赤羽駅 下車

新河岸川の 真上を跨ぐ 橋上の駅

diamond川の橋上にある 駅なんて初めてで 同時に東京水辺ラインの

水上バスの 船着き場が 残っています。

diamondもともと北赤羽駅との 併用で 交通便効験の為に 作られた

船着場ですが 今は使っていないようです。

diamond一人 ぽっんと釣り竿を 立てた釣り人が います

「今は何が 釣れますか」 「20センチ位のハゼが 吊れるよ」

「まだ釣れて ないですね」 

「うん 釣れても釣れなくても いいんだよ」

と 太公望は いわく・・・・・

L222222中の 橋 1986年 3月 竣功

先の浮間橋から 土手が人に優しい道になる

鉄平石に張られた歩道と 石段から昇る草地

diamondまるで競技場の 観覧席のような 景色がつづく

L333333東北本線 (1) 鉄橋

京品東北線と 高崎線と

三つの橋が 連立に なっています

diamond川の周りが 少しずつ 余裕が見えはじめるが 如何やら

北区の橋は 緑色に統一 されているらしい。

L444444東北本線 (2) 鉄橋

同じ位置から 荒川を 望めば

高層ビル群に ウス緑色の橋梁が 映える

diamond荒川を渡れば 埼玉県 川口市だ 鋳物の工場が 犇めく

下町の印象が 頭を過るが 今はビジネスと住宅地なのでしょう。

L555555新荒川 大橋

荒川と 新河岸川が 広い土手と緑地を挟み

急接近 暫く並行しながら 岩淵水門へ

diamond右岸は「新河岸川庭球場」で若者達の 華やいだ掛け声がとどく

diamond一方「赤羽桜堤緑地」は 桜並木がつづき 落葉が吹き溜まりに

山になって重なり 踏めば踝まで埋まる。

今の桜は 春の晴れ舞台から 葉をすっかり落とし 小枝の密集が

レントゲン写真のような アートになってます。 そして ひっそりと 

やがては訪れる 春をジーと耐えて待つのでしょう。

diamond荒川と 新河岸川の あいだは 幅が3百mも在る 公園緑地で

「人と緑の太陽の道」は 更に隅田川へと 誘うように進みます。




 

|

« 落合川の源流から 橋を訪ねて(18) | Main | 落合川の源流から 橋を訪ねて(20) »

Comments

だんだん、河とその周りの表情・風情が変わってきましたねぇ。

同じ橋でも、季節によって表情も違ってくるのだろうなーっと、写真を見ながら想像しました。

橋めぐりは 画像だけでなく、その文章も趣ふかくなってきましたね。

次回を期待してます。

Posted by: ONSAI | 12/15/2012 at 20:20

ONSAIさん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございます。

早くも12月もなかばで、何かと仏事も多く
お忙しい事と思います。

12月は一年のしめくりで橋巡りも荒川の治水で有名な
「岩淵水門」に辿り着きいよいよ荒川の一部と合流で
隅田川に入ります。

橋はみな同じようでも良く見ると同じでなく
その風景を凡々と楽しんで歩いています。

Posted by: 亀の歩き | 12/16/2012 at 10:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 落合川の源流から 橋を訪ねて(18) | Main | 落合川の源流から 橋を訪ねて(20) »