« バラの 祭典 | Main | カルガモ 親子 »

05/31/2013

西武 東武 秩父鉄道 合同ハイキング

Y111111『 日本地質学 発祥の地

ジオパーク秩父の長瀞散策 』

秩父鉄道 長瀞駅~寶登山神社~

長瀞不動寺~上長瀞駅~自然の博物館~日本地質学発祥の地石碑

宮沢賢治の歌碑~岩畳~長瀞駅 = 約7km~約2時間半

diamond久しぶりの秩父長瀞駅に降りるのは2年ぶりか。最寄りの駅から

2時間以上 乗り継ぎ乗継ぎ 秩父電車は ガッタン ゴットンと

振動はげしく 連結部分は縦横に揺れて 車内の扇風機はゆっくり

なま温かい風を送ってきます。

やがて 山あいの瑞々しい青葉に染まる 駅舎が見えてきました。

diamondスタート受付 11時締切を 大きく 上回っていますが OKで 

駅前の 幅広の道を 寶登山神社に 向います。

Y222222寶登山 神社

秩父神社 三峰神社 秩父三社と云われ

本殿は銅葺き入母屋造りで江戸建築の美

diamond駅前から 桜並木の 広くてゆるい勾配の 参道をゆくと

山裾に 厳粛な 寶登山神社が ひっそりと 佇んでいます。

Y333333長瀞山 長瀞不動寺

秩父の山並みに 諸菩薩の雲集する所

春は通り抜けの桜 秋は七草巡り

diamond桜はオフ・シーズンで ただ並木の 青葉若葉が 生い茂る

峰づたいに 急勾配もある 細い道が くねくねと続きます。

スタートが遅れて ほぼ最後尾なので 前にも後ろにも人が

視えず 今回は しっかりマップと 道しるべ(赤い矢印)を

チェックしながら 山道を下りきると 上長瀞の駅が見えて

秩父特有の 石灰石を積み込んだ 貨物列車が 25両も

貨車を 繋いで 通り過ぎて 行きます。

Y444444埼玉県立 自然の博物館

『 日本地質学発祥の地 』 碑

ジオパーク秩父への いざない

diamond秩父の地形 諸々鉱物 地質の変化 タヌキ クマ等 生物の

展示など 見所は充分 暫し 館内に留まる。

敷地内に 宮沢賢治の 歌碑も在り

『つくづくと 「粋なもようの博多帯」 荒川ぎしの片岩のいろ』

賢治も顔を 映したであろう 川辺迄 下りると 赤や青色の

カヌーが練習していて 夏の風景が 其処にあります。

Y555555岩 畳

国指定名勝 天然記念物

自然が 創りあげた 芸術品

diamond川は生きてる ゴォ ゴォと 激流の音が 山間を突き抜け

そして静かな流れと 繰り返す 変化に富んだ荒川

その『長瀞ライン下り』 次々と舟が 船頭の巧みな 竿さばきで

通り過ぎて行く。 乗りたくも在り 乗りたくもなし

Y666666長瀞 ライン下り

岩畳の変化に富んだ 景観

長瀞くだり 船は瀬まかせ 主まかせ

diamond博物館前から 荒川沿い 哲学の道を行くと 足許の小道は

土から 砂の道と変わり 更に岩畳が ゴツ ゴツと 細かく

隆起したまま広がり 何処が道なのか 広場なのか分からない。

diamondそして ライン下り船着場の 石段を上がると 小道の両側に

お土産店が並び 氷 アイスと早や真夏のような 熱気を感じさせ

其処を 通り抜けると 長瀞駅前 ゴール受付が 待っています。

恒例 参加人員は? と聞くと

「 今日は暑くて 630人位かな 」と 首にかけたタオルで

汗を拭きながら 笑顔で 答えてくれました。

 





 


|

« バラの 祭典 | Main | カルガモ 親子 »

Comments

青葉と川の流れと岩畳…
川の音と空気のさわやかさ…
う~ん、見ているだけで タマリマセン。

Posted by: ONSAI | 06/14/2013 at 10:33

ONSAIさん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございます。

秩父鉄道長瀞は少し遠く其のせいかお陰で小さな
旅をした感じを味わいました。
川下りは全国各地で人気スポットとなってますが
特に暑い夏の舟下りが好評のようで周りの景色と
水の清涼感が満喫できるようで、私も岩頭で
座り、しばらく眺めていました。

Posted by: 亀の歩き | 06/15/2013 at 08:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70586/57494733

Listed below are links to weblogs that reference 西武 東武 秩父鉄道 合同ハイキング:

« バラの 祭典 | Main | カルガモ 親子 »