« 東久留米の ランドマーク | Main | 西武鉄道 多摩モノレール 共同開催 »

05/02/2013

落合川の源流から 橋を訪ねて(26)

T111111富岡 八幡宮

大江戸線 門前仲町駅 下車

江戸三大祭りの『水かけ祭り』で有名

夏祭り神輿に 水を掛けながら練り歩く 50基余の連合渡御

など 数々の荘厳な儀式が 行われます。

diamond橋巡り 最終の今回 永代橋に一番近い 下町の門前仲町に

降り 富岡八幡宮に お参りしてから 橋に向かいます。

T222222永代 橋

橋桁から 緩やかなアーチの美しい流れ

大正15年 橋長184m 幅員22m

diamond云わずと知れる 赤穂浪士が 本懐をとげ 此の永代橋を

渡って 高輪の泉岳寺へ 向った橋です。

また 歌人 吉井 勇は

『往き暮れし ろまんちっくの若人は 永代橋の欄干に椅る』

と 詠んでます。

T333333中央 大橋

白銀に光る 太いケーブルは 32本

主塔はX線で 五月人形の 兜のようだ

diamond中央区新川と 新しく開発された リバーシティを 結んで

臨海副都心へ通じる 重要な橋です。

点と線 間をつま弾けば はじけそう。

T444444佃 大橋

高層ビル群と 最もバランスの取れた橋

中央区から佃に移る『佃の渡し』で有名

diamond欄干が見えず 矢のように伸びる 緑の線 うるおいの水辺

テラスから望むと 辺りは 全く音もなく 速度の緩やかな

水上バスが水面を 揺らしながら 通り過ぎていきます。

T555555勝鬨 橋 

橋を訪ねてのゴールは 『かちどき』

昭和15年 橋長246m 幅員22m

diamond語呂が良く 勇ましい名の 勝鬨橋は 東洋一の可動橋で

中央部が『ハの字』に開き 船舶の往来を助けていましたが

陸上の交通量が 増加して 1970年から 『開かずの橋』

なってしましました。

T666666落合川 源流から橋を訪ねて 隅田川

到る所に武蔵野の原風景が見える

『 水と緑と ふれあいの まち 』

diamondその東京都 東久留米市に流れる清流 『落合川』

最上流の橋から 1回 4つの橋を 目安に 東京湾迄の

小さな旅は26回 104番目の最終橋にやっと辿りつきました。

diamond平成23年9月8日 落合川の 名もない橋から スタート!

先ず黒目川(東久留米市)と合流し 埼玉県新座市~朝霞市で

新河岸川に合流し 和光市~東京都へと入る。

荒川の分流と一所に 隅田川が誕生し 大河となり 東京湾へ 

約1年9か月ぶりに ゴールしました。

diamond流れゆく 隅田川 勝鬨橋の 中央開閉部に立ち 波路はるか

浜離宮庭園から 芝浦お台場と 夢のレインボーブリッジも

望める 想いを抱き 視線を泳がせていると 目前に 遊覧船が

入ってきて ゆっくり ゆっくり 白線を引いて 一頻り

時を置きながら ほんのり 小さな点となり やがて

東京湾の靄のなかに 消えてゆきました・・・・・










|

« 東久留米の ランドマーク | Main | 西武鉄道 多摩モノレール 共同開催 »

Comments

超大作 橋めぐり、ついに「完」ですね。
ほんとうに 圧巻でした。

同じ川と橋でも 上流と下流でも こんなに風情が違うとは…何とも面白く興味深く 楽しかったです。

何はともあれ、楽しいブログでした。
さぁ、続いてのテーマを何でしょう?

終点はそのまま 出発点。
しばし、充電されたあと、「次」を楽しみしています===!

Posted by: ONSAI | 05/03/2013 at 21:14

ONSAIさん、こんにちは!

夏も近づく八十八夜もゴールデンウィークの中で
一気に初夏の陽気になりました。

ONSAIさんのワンヒントでもある
橋を訪ねては源泉のほんの一滴の水で始まり
途中多くの湧水でせせらぎとなり小川になって時には

淵を造り小滝を経て川沿いの景色も豊かな河川敷や
遊歩道そして都会的なテラスが整備され、だんだんと
センスの良い優美な橋が次々と並んで、
ほんとうに楽しみな風景を沢山見ることができました。

いつも、そのつど温かいコメントを頂き
ほんとうにありがとうございました。

Posted by: 亀の歩き | 05/05/2013 at 15:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 東久留米の ランドマーク | Main | 西武鉄道 多摩モノレール 共同開催 »