« September 2013 | Main | November 2013 »

10/23/2013

国立競技場 スタジアムツアー

O111111国立 競技場

昭和33年(1958) 建設

東京オリンピックの 主会場

diamond昭和39年(1964) 第18回オリンピック東京大会が

開催され 93の国と地域から 5千人もの参加選手を集めた

スポーツの祭典 あのブルーインパルスが 青空に五輪を

描いたのも この競技場の 上空でした。

diamondツアーは 博物館~グランド~聖火台~貴賓室~

選手更衣室 室内練習場~博物館

O222222秩父宮記念 スポーツ博物館

秩父宮殿下の スポーツ界功績を記念

昭和34年 国立競技場内に開設

diamondスタジアムツアーは この博物館からスタート 日本の近代

スポーツ受容の歴史 オリンピックの 関係資料など

紹介されてます。

O333333正面 メインスタンド 貴賓席

モザイク壁画 左が のみのすくね象

右が 勝利の女神像

diamond最上段 貴賓席の 近くまで見学できるし 貴賓室の中では

席に着くことも 許されました。

O444444聖火台

オリンピック 注目の的

大きく 力強い 炎を 思い出す

diamond各スポーツの めざましい発展を 競技場の一角から

じーと  見守っています。

O555555「SAYONARA」 国立競技場

6年後 2020年 東京オリンピック

パラリンピック 開催

diamond来年7月より 解体及び 新築工事が始まります。

博物館内に 新しい国立競技場の 模型が展示してありました。

         来るべき 2020年の 大会

         どのような形で 行われるのか?

     楽しみな オリンピックは 必ず やってくる!






| | Comments (2)

10/16/2013

ふんごまっしぇえ = くつろいで

S111111『 第10回記念 ふんごまっしぇえ

  武蔵村山へ !』

狭山丘陵 村山郷 初秋の里山を巡る

西武鉄道 多摩モノレール 武蔵村山市商工会 合同ウォーク

多摩モノレール上北台駅~村山団地商店街~横田トンネル~

里山民家~六地蔵~村山温泉 カタクリの湯

約~11Km 約3時間    ゴール後 かたくりの湯から 

西武球場前駅まで 無料シャトルバスを運行します。

diamondりが畑 その中を すくっと建つ モノレール上北台駅を

降りて 都営村山団地に向かう その道路街路樹は ドングリの

木です。     足元を転がる ドングリの実 人の靴に踏まれ 

車に弾かれ 散っている。 

お祭り気分のウォーキング、イベント スタート受付は

団地中庭に位置してました。

S222222真福 寺

和銅3年(710) 行基 創建

山門に収まる梵鐘は 市指定有形文化財

diamond10月半ば 今日は天高く 空が澄んで 吸い込まれそうな

日本晴れ 温度が ぐんぐん上がって 30度を超えると

じんわり 暑さが 増してきます。

diamondもうスタートして一時間位 歩いたでしょうか 水分補給には

絶好の木陰と 風が通り抜ける 境内で小休止です。

S333333横田 トンネル 群

赤坂2号 御岳3号 赤坂4,5号

長さ96m~250m 5つのトンネル

diamond羽村山口軽便鉄道 昭和3年(1928)山口貯水池

(狭山湖)建設に伴う 建築材料等 運搬のために

敷設されました。

diamondやや昇りになった坂道を 過ぎる辺りから 順々に現れた

トンネル お陰で 幾らか涼しい思いをします。

diamond遠く小さな 丸い明かりが望めて そのトンネルを抜けると

ホタルの里 雑木と竹藪の中に 澄んだ清水の 番太池が現れた。

S444444六地蔵

明治30年 赤痢が大流行し

中藤 横田 三ツ木 岸 4ヶ村合せて

51人が死亡し 念仏講中の 人々が 供養のために浄財を

募金し 造立したものです。

里山に ぽつりとたつ お地蔵に ただ 手を合わせるのみ・・

S555555村山温泉 かたくりの湯

北台駅 及び 西武球場前駅から

ストレートに歩くと 約1時間の温泉

勿論 循環バスがあります。

diamondゴール温泉駐車場は ミニSL列車乗車会 地元お囃子

手品 大道芸パフォーマンスと イベントが盛りだくさん

丁度 お昼休み じりじりと 照りつける 陽射しを避けて

天然温泉で 汗を流すのも 一策かも。

S666666西武 ドーム

当方ブログに 再三再四登場するドーム

温泉~無料バスで 西武球場前駅に着く

diamond山懐から下りて ドームの前に立つと 凄まじい地響きの如く

音響と 歓声が聞こえてきます。 そぅだ! 今日から

プロ野球の クライマックスシリーズが 始まり 西武とロッテの

試合中なのだ。 得点は 0対0 とか 迷うことなし其の儘

電車に乗りました。

diamond本日の ウォーク参加人員 約1800人とか!

武蔵村山 ウォーキング、イベント おもてなしは 充分

       ≪ ふんごまっしぇえ ≫





| | Comments (0)

10/09/2013

西武 京王 小田急 東急 電鉄合同

O111111『 駅から駅へ マップを持って

   楽しく歩こう! 第3区 』

西武新宿線 東伏見駅~武蔵関公園

武蔵野八幡宮~井の頭恩賜公園~祖師谷公園

小田急線 成城学園前駅ゴール 約 12,5km~約3時間

diamond東伏見駅 アイスアリーナ前で 9時受付 マップを受取

随時スタート 9月も末で ようやく涼風を 感じはじめ

気持も爽やか 先ず武蔵関公園へ 向かいます。

O222222武蔵野八幡宮

延歴8年(789)坂上田村麻呂が

宇佐八幡宮の ご分霊を祀る

diamond江戸時代 吉祥寺辺りは 畑作農業が盛んで 特に野菜

ウドの栽培に 力を注ぎ《 吉祥寺ウド 》として 名物となり

その頃 民衆のシンボル的 役目をした社です。

O333333井の頭 恩賜公園

『井の頭池』の命名は 三代将軍 家光

『井の頭弁財天』は 源頼朝の創建

diamond吉祥寺通りを 挟んで 小動物園 熱帯鳥温室 彫刻館の

本園と 池が主体の 分園に 別れてます。

細長い 池の周りを 繁みの多い木立から そよぐ涼風を

感じながら 少々散策して 本線に戻ります。

O444444新川 丸池公園

一日30トン 湧水の池

多様な生き物が 生息しています

diamondその水を生かして 田圃もある 小さな公園

ウォーク中は こんな 場所が 有り難い。

O555555祖師谷 公園

昭和50年(1975)に 開園

東京教育大学 農場跡地

diamond公園の前 仙川が南北に流れて 唯 なだらかな傾斜の

広場が ひろがり ポッンと 時計台が 視えるだけ

碧い空 白い雲 まだらな木の葉が 揺れて 秋模様・・・・

O666666第15回 私鉄リレーウォーク

ゴール 成城学園前駅=小田急線

田園調布と 総壁の 高級住宅地

diamond改めて地図を見ると 都心より少し 郊外になっているが

まさに 四つの私鉄と JRを 横断した ウォークでした。

平坦な道のりで 12.5km公園を散策したり 一息入れたりで

成城学園前駅ゴール受付には 15時頃になり 9時過ぎに

スタートで 約6時間の 少し疲れ気味の ウォークでした。

ゴール後の ひとコマ

『 さーて 次は何処を ウォーク しましょうか 』










| | Comments (0)

10/01/2013

曼珠沙華

Y111111高麗の里 = 埼玉県 日高市

曼珠沙華の 群生地

西武池袋線 高麗駅下車 徒歩15分 

diamondお彼岸の 時期になると 自然に巾着田の曼珠沙華を

見に行きたくなります。 今年も例外なく 川土手に立つと辺り

全体が 燃え立つような 朱い色に包まれた 彼岸花が群がって

咲き幅50m 帯状になって600mも延々と続く小道を辿ります

Y222222凛として 神秘的

群がる 花園

何故か 憂い漂う 彼岸花

diamond花茎を 根元から スート空に向かって 真っすぐに伸ばし

その先に まっ赤な花を 輪状につけて そして群生となり

燃え立つような 華やかさ。

Y333333あいあい 橋

高麗郷民俗資料館前に 架かる橋

長さ90m 木製~トラス構造の橋

diamond橋の上から 一望すると遅咲きの 曼珠沙華と 高麗川

清流との バランスが 絶妙の スポットです。

Y444444高麗川 沿いの 花群れ

みどりの カーテンに

縦じまに そびえる 樹木

diamond赤い絨毯は 何処までも続き 炎の凪がれは 尽きず

Y555555日和山 

曼珠沙華まつり イベント会場

飲食は勿論 特産品店が 並ぶ

diamond留ることのない 炎のジャングル まつりイベント会場前で

やっと視界が開けて ハイキングで 何回か登った事のある

なだらかに 横たわる 日和田山が 見えてきました。

名物の『飯能すぃーとん』 『みそづけまんじゅう』 ベンチも

沢山 用意され お祭り気分も最高 取り合えず座ります。

Y666666巾着 田

っ赤に染まった 高麗の里から

興奮の 覚め止まぬ儘 ぐーと引いて

diamond巾着田に 目を向けると 紛れもない 心のふるさと

田園風景が 広がりを見せています。

手前に アマクリナムの ラッパに似た花が 風車のように

靡いて 遠く水車小屋を 望む青田は もうすぐ コスモス色に

染まるでしょう・・・・・










| | Comments (0)

« September 2013 | Main | November 2013 »