« 西武池袋線 ウォーク | Main | ウォーキング »

12/18/2013

青梅市 = 東京都

Q111111『 懐かしい 昭和を 訪ねて 』

JR 青梅 駅前

ぶらり 青梅市 レトロの街を 歩く

diamond冬の風物詩 だるま市と 全国のマラソン愛好者に人気の

青梅マラソン大会で 有名な 青梅市  花と古刹コースや

青梅丘陵ハイキングコースも 今は オフ、シーズンな感がして

駅前は 閑散としてます。

郊外にしては とてもモダンな 駅舎(大正13年建設)と

線路の先 小学校校庭から 和やかな 喚声が聞こえる。

Q222222昭和 レトロ商品 博物館

昭和よき時代 ノスタルジックな菓子や

生活雑貨など バッケージが展示され

diamondギャグ漫画王の 赤塚不二夫作 バカボンが出迎える

ドアを 押すと そこは セピア色で 辺りは 一気に

昭和30~40年頃に 引き込まれて しまいました。

Q333333小泉八雲 ≪雪女の原点が展示≫

しもた屋風 室内の ほぼ直立した

梯子を 上がると≪小泉八雲の部屋≫だ

diamondしっとりとした和室で ≪雪女≫ の説明文を読むと

村の若者 巳之吉と雪女との めぐり合わせ 夢のような

幸せな日々 そして去ってしまう 雪女 漠然と解釈していた 

事が はっきりして来るが 何とも哀れを誘う 怪談話である。

Q444444昭和 幻灯館

青梅線発祥地 郷愁の鉄道の 数々

青梅商店街 映画館のある風景 等々

まさに幻想的な 模型が 所狭しと 展示されています。

diamond表の看板は バーグマンの 『追想』と 『終着駅』

街の至る所 看板在り それだけで想いだす『ローマーの休日』

『慕情』 『旅情』 『風と共に去りぬ』 何回も繰り返し観た

懐かしの映画 そんなロマンのある 想いで誘う街を 歩く。

Q555555旧 稲葉家

江戸時代 青梅宿の 町年寄を務めた

青梅で有数の豪商 住宅

diamond旧青梅街には 古くから町屋が多く 目につく そして

明治 大正 昭和の 建物が混然と 建ち並んでいます。

diamond今回 青梅駅に降りて すぐ横手にある 観光案内所で

地図を受取り 青梅の町を 確とした当てもなく ぶらりと

彷徨いました。 幸い お天気が良く 空は雲の一片も見えず

澄んだ青空が カンバスのように広がって 気分は最高

昭和のよき時代を 彷彿させる 街並みを堪能させてくれました。






|

« 西武池袋線 ウォーク | Main | ウォーキング »

Comments

自分が生きてきた時代が「レトロ」と言われると、随分長生きしたような気になります。

それにつけても、ほどほどの豊かさとほどほどの不便さが溶け合った昭和は、ホントに良き時代だったと思いますねぇ。

Posted by: ONSAI | 01/06/2014 at 17:12

ONSAIさん、こんにちは!
冬の散歩は空模様を伺いながら決めるのですが
今回は約1時間掛かる、懐かしい昭和の町、青梅市に行きました。
この時期にしては、お天気も良く暖かい日でした。
街並みをゆっくり廻り、少し不自由な時代でしたが
過ぎてしまえば懐かしさが先と、そんな思いの一日でした。

Posted by: 亀の歩き | 01/07/2014 at 09:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 西武池袋線 ウォーク | Main | ウォーキング »