« April 2014 | Main | June 2014 »

05/30/2014

WeeKday ハイキング

H111111『 緑風の中 龍崖山と

  あさひ山 展望公園を歩く 』

西武鉄道 秩父鉄道 合同ハイキング

☆飯能駅~割岩橋~金蔵寺~龍崖山~龍崖山公園

あさひ山展望公園~メディカルハーブガーデン~飯能駅

約9㎞~2時間40分  (ややアップダウンあり)

構内はウイークディにも関わらず 慌ただしいスタート地点です。

H222222割岩 橋

入間川の 飯能河原に かかり

周辺の景観に映える 赤い橋

☆あざやかな 情熱の色 真っ赤な橋梁を くぐります。

H333333金蔵 寺

こんぞうじ

石の門柱が 両側に建ち

☆あとは 御覧のように 何もなく普通の民家に見えるが・・・

H444444登山道

山道ハイキング ややアップダウンあり

緑の人形マークで たかをくっていたが

☆ところが とんでもない 急坂を ジグザグに登ること

果てしなく 気温も上昇し 久しぶりに ほとばしる程の 大汗を

掻きました。

因みに ウォーキング広報の 絵文字ですが(青色の人形)が

平坦な道 (緑色の人形)が ややアップダウンあり 

(赤色の人形)マークが アップダウンが続くとあり 

その都度案内に 人形マークが 付いてます。

*****

*****

H555555龍崖山 標高 246m

あれだけ汗を掻いたのに 246mとは

でも頂上は 広く 殆どの人が

腰を下ろし 一休みしてます。

☆空は生憎 曇っていますが 遥か向こうの 山々が薄墨色で

重なりながら 城壁のように 連なって見えます。

H666666龍崖山 公園

峯づたいに アップダウンが 続く

山道が さーと 開けた所に

高低差の激しい公園がありました。

☆まだ この辺りは 工場や住宅の 振興地で まだ新しく

出来立ての公園のようです。

H777777あさひ山 展望公園

広々として まさに中空に浮く 広場

遮るものは 何もなし

☆飯能市街が 一望され 奥秩父の山並みと 運が良ければ

富士山 東京スカイツリーも 見えると云うが・・・・・

あいにくの 曇り空 しかし温度は 27度 日蔭はなくとも

昼食を とる人が 多くみられます。

H888888メディカルハーフ ガーデン

生活の木 薬香草園

要はハープの育て方や 使用方法など

☆自然香水の世界 アロマセラピストが 講義をしたり 

レストランには ハーブの フルコースディナーなど 

特に女性には とても魅力のある 場所です。

☆ウォーク後半は 雲が多くお陰で 日差しも少なく 爽やかで

気持良いハイキングは 飯能の美杉台 高級住宅地へ入りました。

道路添いに並ぶ 広い住宅には 必ず植木があり ツツジや

身を盛り上げて咲く 牡丹など 花々が 庭先を飾っています。

☆その家々が途切れるて 入間川に掛かる 飯能大橋を渡り

なだらかな坂の 先 正面がゴール飯能の駅です。















| | Comments (0)

05/23/2014

のんびり・ハイク & ウォーク編

E111111 『 浮世絵にも 画かれる景勝地

   江ノ島をたずねて 』 

小田急線 藤沢駅~江ノ電 極楽寺駅発

稲村ヶ崎~鎌倉海岸公園~七里ヶ浜~江ノ島~片瀬すばな通り

江ノ島サムエル・コッキング苑ゴール   約7㎞~約2時間半

◇朝 自宅を出る時の 抜けるような青空に 送られ 新宿から

小田急ロマンスカーで藤沢へ 其処から江ノ電に乗り次ぎ 

車窓に迫る民家が 軒先を掠め 又 寺院に上がる石段が

線路の脇から 始まっていたり 市民に愛される とても気軽な

乗り物のような感じで 海岸通りに出ると まもなく極楽寺駅に

到着 駅名の 文字どうり やすらかで楽しい ウォークに

なりますように。

E222222稲村ヶ崎 (鎌倉海浜公園)

鎌倉時代末期 鎌倉攻めの際

新田義貞が潮が引くのを念じて剣を投じ

すると潮が引いて 鎌倉に攻め入った云う 伝説の場所です。

◇極楽寺駅から 車がやっと すれ違える位の 車道を下って

いくと 遥かに伊豆の山々が霞む 視界180度の 開けた

海岸が 広がっています。

海の傍で 育った自分にとっては 本当に 懐かし愛しいような

思いがする 潮の匂いが 白波と共に 迫って来る渚です。

E333333七里ヶ浜

『 七里濱 夕日漂う 波の上に

  伊豆の山々 果し知らずも 』

◇軍艦のような 江ノ島と たなびく雲の先に 望む あれは

たしかに 富士山だ!!

そして 小動(こゆるぎ)岬は シラス漁港があり この辺りは

名物 シラス丼の お店が 並んでいます。

E444444江ノ島 弁天橋 (長さ 389m )

初めての木橋は明治24年(1891)

車道の江ノ島大橋昭和39年(1891)

◇橋の中央に 富士見スポットも在り 何も云う事なし 

江ノ島への エスコートを うながす 立派な橋です。

***** 

*****

E555555江ノ島 =日本三弁財天

江島神社=辺津宮 中津宮 奥津宮

それぞれの宮に海の守護神=女神祀れる

 

◇江ノ島アイランドスパ=天然温泉 江の島大師 寂光山龍口寺

詩碑 庚申塔 シンボリックな 江の島展望灯台・・・・・ 

見どころ たくさん!!

E666666江の島 サムエル・コッキング苑

藤沢市の姉妹友好都市こーナの庭園

南洋植物や 四季折々の花が植えてある

◇今回のゴール地点 江の島の頂上です 江の島は 島でなく

まるで山のようで 登り坂が ジグザグになって ウォーク最後の

難所になりました。

唯 四方の景色が 上空からの 眺望のようで それが唯一

救いです。 江の島は島でなく 山だった。

E777777片瀬江ノ島駅 = 小田急線

江の島 海水浴海岸 水族館も近い

竜宮城のような 江ノ島駅

◇表題の『浮世絵にも 画かれる景勝地 江の島をたずねて』 は

江の電の キャラクター絵の入った車両から 木の床や 紺色の

レトロ調の車両を見たり そして絶景の海岸沿いを 歩いて

江の島の頂上迄 最後は 這い上がるように 石段を登って

満足でした!!

◇昼下がり やっと えのしま号に乗りこみ

音が静かで 乗り心地よい ロマンスカーから 視る空は

ホウキで掃いたような 薄い雲が広がり 時々 

地下構造になった沿線の トンネルに入ったり 積み木のような 

絵が どんどん 車窓を飛んでゆき やがて都庁の三角屋根が

見えて ロマンスカーは すべるように 新宿駅に 着きました。

 

| | Comments (2)

05/16/2014

西武多摩川線 ウォーキング

T111111 『 新緑の多摩川と

   大国魂神社を 歩こう 』

西武多摩川線 是政駅スタート~

府中多摩川かぜのみち~下河原緑道~大国魂神社~ 本願寺

白糸台駅 ゴール    約8㎞~約2時間

JRの武蔵境駅から 多摩川に近い 是政までの僅か 5つの駅が

繋がる 西武多摩川線 是政駅がスタート地点です。

空は青く 風薫る 多摩川土手の 草むらで埋まる小道を

歩き始めます。

T222222多摩川 河川敷

東京の西部を背骨のように延びる多摩川

河川敷は 対岸が 霞むほど 広い

野球場は もとよりテニス ゲートボールなど 楽しむ人

昆虫採集の小学生と 付き添いの父兄 水辺で 日光浴する人

つり竿を持つ人 エトセトラ。

一方 土手を 赤 青 黄色と カラフルな ユニホーム姿で 

走るランナー群れ そしてウォークの列 横をスイスイ 音もなく

自転車が 風をきって 去っていく・・・・・ 

T333333府中 多摩川かぜのみち

新田川緑道~下河原緑道と

『郷土の森博物館』を廻り込み続く道

日のあたる所は 自然と速足になり 日蔭は ゆっくり歩きになり

間もなく JR府中本町駅前に出る この辺りは 京王線など

府中と 名のつく駅が 4つもある。

T444444大国魂神社

武蔵国総社 約1900年前に 創建

例大祭 くらやみ祭は70万の人が集る

濃淡の みどり みどりに 染まるケヤキ並木の 奥ふかく

き然とたたずむ 神社に参拝する。

T555555八幡山 廣徳院本願寺

天正2年(1574) 宮崎泰重

境内に 車返開運薬師如来が安置

  東京競馬場を 横目に 次 競艇場も近くに在り ただ

簸たすら歩く道中が続き やっと木陰のある 本願寺に着く

お寺を後にして おりしも 鐘つき堂から ゴーン~と正午の

鐘が 1回 2回・・・・ たしか12回 山彦のように遠くに

聞こえて ゴール白糸台駅が 視えてくる。

 

 

| | Comments (2)

05/09/2014

のんびり ハイク&ウォーク

K111111 『 川越水上公園を めぐり

   時の鐘と 蔵の街へ 』

西武線 本川越駅~川越水上公園 ~

入間川沿い遊歩道~川越橋~菓子屋横丁~時の鐘~蓮馨寺~

本川越駅  約9km~ 約2時間半

ゴールデンウィーク中で スタート地点 駅の構内から ハイクの

人達が 大勢並んでいます。

K222222川越 水上公園

濃淡の みどりが湖上を染めて

スギ科のメタセコィアの並木が つづく

スタート西武線の本川越駅から 東武東上線の線路を越え

JRの川越駅方向から 西へ約2km入間川に 向かって歩くと

日の光が燦々と 照りつけてくる  国道の道のりは 行けども

行けども 住宅地と 畑の広がる 単純な景色がつづき

ただ 街路樹の 僅かな木陰さえ 涼しさを感じさせてくれる。

K333333入間川沿い 遊歩道

川越橋から 望む 河原

上戸緑地運動公園 安比奈親水公園等

広い河川敷 水の流れは 10分の1 位の幅で 菜の花や

アイリスの花 水仙など 群生する 緑地で埋まる

入間川沿い ウォークです。

K444444菓子屋 横丁

昭和初期に 70余軒並んだ 菓子屋

蟻のように群がる 老若男女

たかがお菓子 されどお菓子 人は やはり食にはじまる

此処は 特別な匂いを 感じる場所かもしれない。

K555555時の鐘 まえの蔵造りの 町並み

『 残したい日本の音風景百選 』に

環境庁が選んだ 川越のシンボル

瓦屋根の土蔵造り 江戸の面影が くっきり甦る通り

電柱がない 電線がない リュックを背に ハンドバックを肩に

いなせな旅人は 見えないが 何となく情緒あふれる通りです。

K666666蓮馨寺

天文18年(1549) 創建

七福神  福禄寿が 祀られる

小江戸川越の 観光スポットの ひとつで 蔵造り町並通りから

延びる中央通り ゴール本川越駅に通じる 商店街の中に在り

撫でると ご利益が高いと 人気の 『 おびんずる 』様が

鎮座しています。

K777777本川越駅

西武 東武 JRと 川越駅が 並ぶ

四季を 通じて 時 薫る街

小江戸名所めぐりは 歩いて よし 巡回バスに乗るも よし

川越城本丸御殿を はじめ数々の 寺社仏閣 美術館 博物館

歴史と ロマンに満ちた街道 川越はいつ来ても こころ和む。

初夏にしては 日の照りも まぶしく 暑いくらいの ウォークで

目前に ゴール 駅構内がみえて ホットする。

 

 

 

 

| | Comments (0)

« April 2014 | Main | June 2014 »