« May 2014 | Main | July 2014 »

06/27/2014

WeeKday ハイキング玉川上水

Q111111『 狭山 境緑道から 野火止用水

  玉川上水緑道を 歩く!』

西武線 萩山駅~狭山~境緑道

野火止用水~玉川上水緑道~西武立川駅

約10㎞~約2時間半   街並みウォーク

☆ ウィークデイ 梅雨のさ中 にわか雨の 予報などで

スタート受付前は いつもの 盛況さがなく 閑散としてます。

Q222222狭山 境緑道

多摩湖~武蔵野市の 境浄水場 迄

水を運ぶ 水道管が埋設され その上が

☆ 自転車 歩行者専用道路となり 道端には サツキ ヤマブキ

アジサイ などが咲き並び 桜の時期は 桜花のトンネルが

楽しめます。

Q333333野火止用水

承応4年(1655)松平伊豆守信綱が

玉川上水を作った時 その分水として

☆ 志木市の 新河岸川迄の 約25㎞が 今でも清流として

残っています。

野火止橋付近は コゲラなど野鳥の 観察ができる 雑木林の

緑地が ひろがっていて 清瀬市や新座市の ウォークには

よく出合う お馴染みの用水です。

Q444444東大和市 駅 付近

ホタルの飼育に 熱心で 清流が

住宅地の脇で 箱庭のように 守られ

しばらく ウォークの歩が 止まる。

☆ その駅を 右に見て 通り過ぎると 緑みどりの

透きとおった光が 上から横から 洪水のように 包み

遠く見つめる先は 緑が溶けて まるで 無声映画を

見てるようで 何とも云えない 孤独感が湧いてくるのが

不思議だ・・・・・

Q555555じょうすい こばし 付近

『多摩川上流処理場』で 再生水となり

玉川上水に清流『 甦る水 』が生れる

☆ 再生水が しぐれ滝になり 溢れる水が 辺りを圧倒し

量感一杯で 玉川上水では ここだけが  水に直接  

手を入れる事の 出来る 唯一の場所です。

Q666666玉川上水

羽村から 新宿四谷までの 43㎞

武蔵野の 各地開発に寄与した 上水

☆ 西武立川駅 近くになると 川幅もゆったり 樹木もよく

整備されています。

唯 2m位高さの 柵があり その脇道を ひたすら歩く状態が

つづきます・・・・・ 

そして 所々に開けた 休み処のベンチが 並び そこは

ひんやりと 心地よい薫風が 頬を よぎっていきます。

暑い時期は やはり 水辺と 緑の溢れる ウォークが最適です。







 



| | Comments (2)

06/20/2014

環境フェスタ開幕=東久留米市

P111111市民プラザで 環境保護の展示物が有り

『平成の名水百選』に選ばれた落合川で

タイヤチューブ浮輪に乗って川下りや

☆ ホトケドジョウ タカハヤの 川魚の展示 鳥類は

カワセミ フクロウの写真展など 南沢氷川神社 下手の

鬱蒼と茂る森を 縫って流れる 落合川沿いの 草地から

下流に向かいます。

P222222水生 公園

こぶし橋の傍で ベンチの多い公園

都営 公団住宅などが 迫る場所

☆ 涼を呼ぶ スイレンや フジに似た 蝶形の花 ルピナスが

けなげに花房を 伸ばしています。

P333333毘沙門橋 付近

大人が立って 腰ほどの深さ

此処から 浮輪に乗って 川下りの準備

何時もは 釣り人の 多い所です。

P444444もう 夏の風景

大人も 子供も 水のなか

河底は 小石 豆砂利で埋まり

☆ 絶えず きれいな水が 流れているから 全く濁りなし

いこいの 水辺は ふれあい広場。

P555555日が変われば 落合川の風景も変わる

心地よい ものばかりでなく

時には大きな{ へび }さんに出会う

☆ 不動橋 不動明王の 祠の 下辺りに住みついてるのか

よく見かけます。 川の中を横切る姿や 又脱皮した抜けがら

なども 残していました。

今日の{ へび }さんは 夏の暑い日射しを 避けて

頭隠して 尻隠さずの 状態になってます。

P666666川は 流れる

山も そう 近くないのに

どこ ここ で 滾々と 湧く

☆ この清流は 朝から晩まで いや昨日から 今日 明日と

絶えることなく まるで生き物のように つづき・・・・・

錦織りなす 河畔林を たどって 黒目川 新河岸川そして

有名な隅田川を 経て 東京湾に 流れ入り その先は

果てしない 大海原へ そそぎゆく・・・・・







| | Comments (3)

06/13/2014

梅雨

K111111くる日も くる日も 雨のマーク

梅雨前線は 全国に停滞し

各地で被害を あたえています。

☆ ウォーキングコースの 落合川 雨上がりの ひと時

カルガモの親子が そーと ひと休みしてます。

K222222落合川

東久留米市 自慢の 湧水群

その清流と 雑木林の多い 落合川

☆ 此の所の豪雨で 真っ白な水しぶきを あげるほどの

流れの速さを 見せてます。

清流の水は 本来 白い色だと云う事が よく分かりました。

K333333つがいの カモ

水かさが上がって 川土手の雑草を

なぎ倒した跡の 柔らかい草地で

☆ のんびり 毛づくろいを している カルガモ 此れから

真夏になると 子供たちが 川で泳いだり 魚を網ですくったり

何とも 豊かな 自然の 流れが ここにあります。



| | Comments (2)

06/06/2014

西武池袋線 ウォーク

O111111『新緑眩しい石神井公園を歩こう』

西武線大泉学園駅~白子川遊歩道~

牧野記念庭園~石神井池~

石神井川遊歩道~長命寺~石神井公園駅ゴール

約10㎞~約2時間半 (ほぼ平坦な道)

☆ 大泉学園駅南口 ぺデストリアン、デッキ受付前は

郊外でない 比較的近場の 石神井公園中心の ウォークで

人気があり 百メートル以上の 列ができてます。

O222222白子川 遊歩道

大泉井頭公園が 源流で新河岸川へ合流

各地で 湧水を集め 水環境 良好

☆ この辺りは 住宅密集地で 護岸が高いコンクリートで

遊歩道も 片方は人が すれ違うのも 難しいほど 狭い道

先だって 多摩川の 広い河川敷を 眺めながらのウォークとは

程遠い感で 土地がら それも 仕方がないのかも。

O333333東大泉 木もれ日 公園

白子川から鋭角に 離れる道は

お地蔵さんの 迎える小公園が在り

☆ さっそく 水分補給と 汗をぬぐって 小休止する。

O444444牧野記念庭園

《 花在ればこそ 吾れも在り 》

300種の草木類が 植生する 庭園

☆ 閑静な住宅地に 牧野富太郎博士 記念庭園が現れ

ちょうど 日射しが厳しく なり始めたところ 砂漠の中の

オアシスのような 緑かさなる 一隅が在りました。

☆ 植物の父と いわれる博士の 常設展示室や 書屋展示室

また 庭園にはサクラ ヘラノキ スエコザサ等 数々の植物が

植えられて 気持が自然に和らぐ 場所になってます。

O555555三宝寺 池

石神井池の 西側に隣接して

鬱蒼とした 樹木に囲まれる池

☆ 光沢のある 青緑色の背中と オレンジ色の腹部が

美しい 渓流の女王とも 呼ばれる {カワセミ}が 生息し

バードウオッチャの 人気の池です。

O666666石神井池

三宝寺池から 本州のように細長く

延びる 石神井池 都市を背に

☆ 南側の遊歩道は 広い緑地で 奥行きがあり 池渕史跡公園

諏訪神社 禅定院など そして大木もある 雑木林で ずーと

日蔭を保って ウォークには とても相応しい 

条件が整っています。

☆ さて これから先 石神井川遊歩道~長命寺と マップの

案内には ありますが 今日は余りにも お天気が良すぎて

空には雲の一片もなく 温度はうなぎ上りに とうとう真夏日に

なってしまいました。

☆ これでは もう歩く自信もなくなり 残念ながら あと2ヶ所の

ポイントを残し ウォークは リタイアすることにしました。

池から 生前作家の 壇一雄が住んでいた お屋敷の傍を抜ける

道を選んで ゆっくり石神井公園駅に 向かいます。

☆ 長期 工事中だった駅も 何かターミナルのような 素敵な

雰囲気をもち 大きく 様変わりしていました。

☆ ちょっぴり 残念なウォーク ゴール受付を 素通り

構内へと吸い込まれいきました。






| | Comments (0)

« May 2014 | Main | July 2014 »