« July 2014 | Main | October 2014 »

09/22/2014

コスモス 畑

M777878

| | Comments (0)

曼珠沙華を 訪ねて

M111111五百万本の 曼珠沙華 群生地

巾着田  日高市

花の見頃 9月中旬~10月中旬

西武線 高麗駅 下車徒歩15分

☆ お彼岸の時期になると 自然に巾着田の 曼珠沙華を

見に往きたく なります。

高麗川の 清流に掛かる ドレミファ橋 そして旺盛な

みどりと 朱に染まります。

M222222巾着田

高麗川の流れの中 鹿台堰を 右に見て

管理事務所前 稲田の中に 案山子が

☆ 巾着田は高麗川に沿って 曼珠沙華が 真赤に縁どり

その中 黄金色に広がる 稲作が 歴然と ありました。

M333333ぶらり 気ままな 散歩道

辺り一面 燃え立つような 真紅な色

彼岸花が群がって巾50㎝の帯になり

☆ 600mも 延々とつづく小道 巾着型 Uの字に

辿っていきます。

M444444巾着田 曼珠沙華 まつり会場

小高い 山々が 湾曲に囲む 中央広場

『 おもてなしステージ 』も あり

☆ ウイークデーにも関わらず 会場は 人々で一杯です。

たゞ 淡い雲が帽子のように被さり 空を覆うています。

M555555あいあい 橋

民族資料館~JR高麗川駅に 通じる橋

アカシア林の緑と清流 朱の群生

巾着田で 最も美しい 景を見せています。

M666666赤い花なら 曼珠沙華 ♪

白い花も 稀に 黄色も あります

四つに別れた 花模様は 菊に似て

品よく ひっそりと 咲いてます。

M777777視界が開けて コスモス畑

春菊のような ふんわりとした 芽吹き

畝が重なり 緑みどりの 深海

☆ その先 遠く 日和山の 山裾が流れ 一郭に

高麗郷 古民家などが みえてます。

紅白の コスモス花が 秋風にそよぐのは 今少し先のよう・・ 

燃え立っような 曼珠沙華の群生を 通り抜けたあと

この懐かしい 里の風景に 心がしばし とけてゆく・・・











| | Comments (2)

09/14/2014

ウィークディハイキング街並ウォーク

P111111『残堀川沿いと 廃線跡を歩く』

西武線 西武立川駅スタート~残堀川

廃線跡~赤松トンネル~西武球場前駅

約10㎞~約2時間40分 ほぼ平坦な道

☆ 西武立川駅周辺は 郊外の住宅地で 駅前の広場から

道路まで 広々としています。

秋雨前線が 活発な時節 どんよりとした 曇り空の中 

何時ものように 受付でマップを 受け取りスタートです。

P222222残堀川

多摩川水系の 一級河川

狭山丘陵 西端付近の 狭山池を源に

延長14、5㎞ 途中で 多摩川に合流します。

☆ 西武立川駅から 暫く五日市街道を 砂川駅方面に

向かって左折すると 川幅40mは ゆうにあり 片方は

樹木に生い茂った森と その下の遊歩道 ツツジなど植木は

手入れが行き届き 見とおす 1本道は 橋も少ない郊外の

如何にも ゆったりした 眺めをみせてます。

たゞ 川に水が一滴もないのが 不思議なきがします。

P333333廃線跡

山口貯水池 建設用の 軽便鉄道跡

廃線跡は 自転車道 遊歩道として開放

☆ 残堀川から離れて 桜や榎の木などの 緑織り成す

並木の中を 歩くことしばし 最初の 横田トンネルを抜けると

すぐ次の 赤坂トンネルが 続いて現れ いくつもの狭山丘陵を

付きぬけた 廃線跡が 実感できます。

P444444赤堀 トンネル

トンネルを抜けると 急な石段があった

その先にしっかり休憩できる 小公園が

☆ 丁度お昼時 曇り空でも 空気は澄んで 吹く風も心地よく

絶好の 休み処がありました。

位置としては トンネルの 真上の 辺りになるのかも。

P555555武蔵野の 路

所沢武蔵村山 立川線は 狭山湖を望む

多摩湖 自転車道と 併用遊歩道で

☆ カブトムシの止まる 門を潜ると もう樹木の深海に迷い

その先は 崖下に 多摩湖の 濃い青色が ちらほら

覗ける道が 延々と続きます。

P666666西武球場前駅

年に 何回も訪れる 場所

急坂のない 片方が 車道になった山道

☆ 時々上方から 車がスピードを 出したまま通り過ぎ サーと

身の周りの暑い空気を さらってゆき 僅かでも涼風を流していく

堰堤遊歩道を ひたすら歩く事 30分位 やっと西武ドームの

白い屋根が 見え隠れして ゴールが見えてきました。

平々凡々 同じ事の 繰り返し 

何故か 又 出掛けたくなる ハイキング。







 



| | Comments (2)

09/07/2014

ウィークデーハイキング 9月コース

Y111111『 加治丘陵からトラスト

   保全第6号地を歩く』

西武線 元加治駅スタート~流れ橋

加治丘陵~トラスト保全第6号地~山仕事の広場

元加治駅ゴール 約9㎞ 約2時間40分

山道ハイキング ややアップダウン有り

◇7、8月と殆ど 夏休み状態で 9月に入り やっと待ちに

待った 西武鉄道ウィークデーハイキングが 再開しました。

朝9時から受付が始まり マップを受け取り 午後3時までに

ゴールする 参加費無料 特に規約もなし 気ままなハイクで

理屈ぬき カメラを向けたくなる 今の風景があれば 

それだけで 快適な ハイキングです。

Y222222駿河台 大学

飯能キャンパス 埼玉県飯能市

開学1987年 『愛情 教育』

◇駿河台大学 憲章

{ ひとりひとり 歩幅がちがう ときに並んで歩き 

ときに手を引く 建学の時から 継承される思い

それを 我々は 愛情教育と呼ぶ }

◇水量たっぷり 早い流れの 入間川越しにキャンパスが

見えてくる。

Y333333阿岩 橋

この橋から見える筈の 流れ橋が

先般の大雨の為流失してコースが変更に

◇入間川の増水時に 橋げたから 床板が 外れる工夫が

してある橋が 見られず残念。

緑と清流が きわだつ風景です。

Y444444トラスト保全 第6号地

「さいたま緑の トラスト基金」

「入間市 緑の基金」

{ 貴重な基金により取得された 緑地です 秩父山地に続く

加治丘陵の 西側にあたり 流域沿いに 様々な 植物群落が

混在して分布し 生物の多様性を生み 豊かな自然環境を

形成しています }

トラスト保全第6号地と 特異な名で 掲示板を 記載しました。

Y555555山仕事の広場

瓢箪型になった 二つの広場

野外テーブル 木製遊具等が 在り

◇加治丘陵の中は ひたすら登る 上り坂と 一方落ち葉の

重なる尾根は ゆるやかに 上り下りを 繰り返し ずーと 

雨天だったせいで 足下は 泥まみれ 滑りやすい事 この上なし

たゞ まだゆく夏を 惜しむかのように ミンミンゼミ・

ツクツクボウシが バックグランド・ミュウジック よろしく

鳴き続けて いつまでも 耳に残っています。

◇広場に着くと 取りあえず 辺り構わず 座ってしまいます。

Y666666上 橋

西武線 鉄橋に丁度 電車が 通過

橋桁の錆色と 澄んだ水 鮎も沢山いそう

◇この入間川を 越えると まもなく元加治駅 

此の所 殆ど決まり切った 近くの散歩道しか ウォーク

出来なかったが 今回西武鉄道ウィークデーハイキングは

細かく入念に 準備され 十分 好奇心も湧く企画で

山道が多く有る 掲示もあり 少し心配して参加しましたが

何とかクリアー でき 又 次回が楽しみになります。

今回は1、500人の 参加でした。









| | Comments (0)

09/01/2014

大型商業施設

A11111_2IEON MALL 

イオンモール 東久留米店

西武池袋線ひばりヶ丘駅=約10分

◇昨年の4月に グランド・オープンして 約1年半

大型店の開店で 市民の反対と賛成のなか 誕生

大きな駐車場で 集客にも成功で 何時も人が一杯

賑わっています。

今年の夏は すっかり お世話になりました。

A222222_21階 フロア

ファション & レストランフロア

グッズ グルメ & フード

◇しっとりと 高級感 溢れる 広い通路を挟む 専門店

その一方 北側には 和洋 中華レストランが 並んでいます。

A333333各階を 見とおす 細長い

劇場型 吹き抜けが 5か所も在り

ゆったり出来て 休憩シートも 豊富

◇カルチャークラブ~英語学院 スタジオ イオンホール

銀行 保険 医院と 何でも揃っています。

A4444443階 フロア

キッズ& フードコートの フロア

3世代 コミュニケーションの場

◇フードコートは 扇形に広がって 約600席 和洋中華

何でも揃って 気軽に食事が 楽しめます。

A555555公園側 出入口

建物に植物が 縞模様を作っていて

旺盛な緑の木々が 周りに茂っています

◇この夏は特に暑く ウォーキングしか 能のない自分としては

イオンの店内は 絶好のウォーク出来る場所で 広い通路は

足にやさしい柔らかな マットで躓く物もなし 1階から店の中を

ぐるりと廻り そして 2,3階と 何回もウォークすると

約4000歩(約3㎞) 歩けます。

そんな厳しかった夏も ようやく 去ったようです。

公園側の出入り口 近くの木々の間から カナカナと

ひぐらしの 鳴く声が聞こえ 侘びしく 心を ゆらします・・・







| | Comments (2)

« July 2014 | Main | October 2014 »