« November 2014 | Main | January 2015 »

12/19/2014

駅長おすすめの 練馬タウンウォーク

Q111111『 練馬の自然と街を訪ねて 』

西武線 石神井公園駅~スタート

石神井公園(池)~石神井川遊歩道

としまえん~白山神社~平成つつじ公園~千川通り

江古田駅ゴール   約11㎞~約2時間半 ほぼ平坦な道

☆ 都心に出るには 必ず通過する (しゃくじい)と 最初は

読めなかった 石神井公園駅 気温10度以下と低いが好天気と

街中のウォークなので 見て歩いて食べる そんな楽しみを

期待しながら 長い列の スタート受付を 待ちます。

Q222222三宝寺 池

駅前から富士街道に出て石神井中学を左

石神井公園は ふるさと文化館側から

☆ 三宝寺池を囲む 足にやさしい 板張りの道に入る。

池の周辺に 国の天然記念物の 植物群落を有していて

目の前に 溢れる湧水など 晩秋の景観を 見る事が出来ます。

Q333333石神井公園

春は桜の名所 夏はボート遊び

湖畔に並ぶ住宅地と 一方草地や樹木の

☆ 拡がる 細長い池が特長で 釣りのできる 場所も在り

一年中 楽しめる公園です。

Q444444向山 庭園

団地を縫うように 洪水を防ぐ為か

深い護岸を有する 石神井川

☆その遊歩道を 一時間も歩く まず手袋とり 次はマフラーを

はずす 少し疲れたところで 閑静な茶室もある 庭園に着き

此処が 格好の 休憩場所になる。

Q555555としまえん

オフ シーズンの 遊園地

夜は イルミネーション 満開

☆ クリスマスの 飾りと 入口の花壇の前で サンタと

王子さま 王女さまの コスチュームが 入口から

見え隠れしてます。

Q666666白山 神社

大ケヤキ ねりまの 名木

天然記念物 指定時の大きさは

「目通 三丈五尺三寸」 (10,7m)

「根廻 六丈八尺六寸」 (20,8m)

「高さ 八十尺」 (24,2m)の巨木

今は その根元だけが 残っています。

Q777777平成 つつじ公園

園内の 練馬文化センター

練馬北口前

☆ 豊島園駅前の 「練馬十一ヶ寺」

浅草にあった 田島山誓巌寺塔頭のうち 

十一ヶ寺が 関東大震災後 此処に移転してきました。

その数々のお寺を 過ぎるとこの公園につきます。

Q888888千川 通り~ 江古田駅

日大 武蔵野音大 武蔵大

文化と 活気溢れる街 江古田

☆ 石神井公園ー練馬高野台ー富士見台ー中村橋ー練馬

桜台ー江古田と 練馬タウンウオーク 練馬駅前から幾つかの

商店街を抜け 千川通りから 江古田の ゴチャ ゴチャした

お店の並ぶ ゾーンに 迷い込みました。

香ばしい総菜の匂いや 揚げ物 乾物 味噌 等など そして

グルメ食べ物店 雑貨 狭い道 こんなにも沢山のお店が

びっしり集る場所 久しぶりに 活気を感じて 心和む

そのトンネルのような 市場を抜けると すぐ前に

『 お疲れ様でした 』 の垂れ幕の下がる

江古田駅 ゴール受付が 在りました。












| | Comments (0)

12/11/2014

秋の 西武新宿線 ウォーク

U111111『 晩秋の狭山 境緑道

  落ち葉を 訪ねて!』

西武線 武蔵関駅~武蔵関公園~

千川上水~向台公園~狭山緑道~田無市民公園~田無駅ゴール

約9㎞~約2時間半 ほぼ 平坦な道

☆ 武蔵関南口 普段あまり 馴染みのない所だが 駅前商店街

などは 都心に近く 住宅が密集していて バブルの時期は

とても繁栄したようだが 今は駅前が すぐマンションで その脇

交番が ひっそりと 佇んでいます それを横目で見ながら

ウォークの人達が 大勢 商店街のアーチを潜って行きます。

U222222武蔵関 公園

武蔵野 特有の 自然湧水の池

トチの木など 樹木の林立が 豊富で

☆ 野鳥が集る場所で 此処でも「 水辺の宝石 」と呼ばれる

「カワセミ」が カメラマン達 注目の マトに なってます。

紅葉が進み 池に映る絵は どちらが 上か 下か見分けが

掴めないほど 水の深さを 感じさせます。

U333333東伏見 稲荷神社

穀物の神様 神の使い きつねが 沢山

赤い鳥居の列 油揚げの お供えが目立つ

何十年も前に 車の運転免許証を 収得した時 交通安全の

お札を受けた 懐かしい神社です。

着々と お正月の 準備が進んでいます。

U444444千川 上水

昭和46年に 流れが止まるも

平成元年に 玉川上水から 分流で

☆ 清流が復活 コンクリートの側溝が 一本線に延びて

良く整備されてる用水路は きっと毎日 清掃する人が

いるに違いない。

U555555向台 公園

近くに広大な 武蔵野大キャンパスと

田無工高や 岩倉高 運動場など

また郷土資料室も在ります。以前の重厚な門は 現在

簡素な 門に変わっていました。

U666666狭山 境緑道

狭山丘陵と 武蔵野を 一直線に結ぶ

サイクリングロードと 併用しています

☆ 何処へ行けども 落ち葉が舞って 紅葉の重なるトンネルが

くぐるも くぐるも 遥かな先の 道へとつづく。

U777777記念碑 「ジェットエンジンのふる里」

昭和32年IHIが 田無工場を開設し

航空機用ジェットエンジンを生産も

☆ 平成19年 田無工場を閉鎖し その後 マンション等

一大住宅地として 環境は大きく 変わりました。

U888888田無 市民公園

もみじ 踏みわけ たどる道

見渡せばもう すっかり葉の落ちた木々と

☆梢の間から 港に浮かぶ船舶のような マンション群が視える

いつの間にか ひとり取り残された 自分に気がつく。

此の先スポーツプラザ 文化交流センター 西東京市役所と

役所東通りを 行くとゴール田無駅が 待っている。













| | Comments (0)

12/04/2014

多摩川線 ウォーキング

Y111111『 近藤勇 ゆかりの地と

  晩秋の深大寺を 歩く 』

西武多摩川線 多磨駅~近藤勇 生家跡

龍源寺~調布飛行場~深大寺~味の素スタジアム前~

旧陸軍白糸台掩体壕~白糸台駅 約10㎞~約3時間

☆ すっきり晴れた空 秋風そよぐなか 多磨駅のホームに

降り立つ 単線だから 線路上を横断して こじんまりとした

駅舎の改札を抜けて 何時ものように ウォーキングの 受付を

済ませて さぁー 出発です。

Y222222近藤勇

天保5年(1834)現代の調布市生れ

鹿島神道流「 天然理心流 」を継ぎ

真髄は「 誠の剣 」

近藤勇と 新撰組 ゆかりの地として 生家跡に神社が

祀られてます。

Y333333野川

国分寺崖線 ハケ下の湧水源とす

人見街道を行き野川公園 龍源寺を超え

☆ 御狩野橋を 右折し 暫く野川沿いを 歩く 一方は

調布飛行場の滑走路が 高い柵越しに 見え隠れする。

川の流れの端で カワセミを追って レンズが見張り 

ホタルの里や 水車も回っています。

Y444444深大寺

天平5年(733)満功上人 開山

国の重要文化財に 指定され

☆ 隣接する 都立神代植物公園は4500種 10万株の

植物が植えられて 四季それぞれ 見頃の花壇と 大温室もあり

此の中に入ったら ウォーキングの時間内には 帰れません。

名物の 深大寺そば 門前の嶋田屋で 蕎麦を頂く事にします。

Y555555五大尊 池

境内は 紅葉が 盛り

有名な 白い清楚な花の咲く

なんじゃもんじゃの木も 見える。

「 ひたすらに 大杉の秀の 指す空は 武蔵のいぶき 

堪えて深し 」   小松 北漠

句碑 歌碑が いろは順に18句も 庭に並ぶ。

Y666666味の素 スタジアム

東京オリンピック 折り返し地点 碑

調布飛行場 延長線に位置し

☆ 周りは 広大な 空き地があり 次の東京五輪に向かって

諸施設の工事か? クレーンが 林立してるのが 見える。

Y777777旧陸軍白糸台 掩体壕

昭和16年(1941)陸軍専用飛行場

戦闘機「 飛燕 」など戦闘機が

☆ 配備され 130基の掩体壕が作られ 現在は 武蔵野の

森公園に 2基と 府中市内に 2基で その有蓋体壕1基が

この白糸台掩体壕です。

長い年月を経て 戦争の記憶が風化していく中 此の

何とも こぶりな壕を 見てると戦争の悲惨さや 平和の

尊さを 改めて強く 感じさせます。

☆ 石垣の上 甲州街道の イチョウ並木から 時折 

紙吹雪 のように 枯葉が舞ってきて 

晩秋 ウォークの ゴールが近い。









| | Comments (2)

« November 2014 | Main | January 2015 »