« February 2015 | Main | April 2015 »

03/30/2015

第25回 多摩川線 ウォーク

O111111『早春の城山公園と親水公園を歩く』

西武多摩川線 是政駅~城山公園

大丸親水公園~いちょう並木通り

稲城大橋~多摩川通り~競艇場前ゴール

約8㎞~約2時間 ほぼ平坦な 道

☆ 是政橋は 斜帳橋 威風堂々 天を突く橋梁柱 それを

支える ピアノ線の 間を縫うように 人の列が並んでウォークが

始まります。

O222222城山公園

ゆっくり登る坂道の 先に広大な緑地

多摩カントリー 米軍多摩ゴルフ場

 名門ゴルフ場が 数々ある 丘陵地帯で 緑一杯 林に

囲まれた公園です。

公園を過ぎると 坂が多く又 新しい建物が 犇めいて並び

新興住宅地の 息吹きを 感じさせます。

O333333大丸親水公園

整然と続く いちょう並木の 通り

その手前に 堀のような 川沿いの公園

☆ 道端のパンジーや 桃の花も咲き やっと訪れた春を

ベンチに リュックを置いて 誰かが頻りにシャッターを

切ってます。

O444444稲城大橋

親水公園を離れ 多摩川の緑地公園へ

雄大な視野の拡がる 多摩川土手を歩く

 多摩川は 川幅が広く その上河川敷も 何倍も広い

やたらと橋も 架けられないのか 橋と橋との間隔が 大きく

開いてます。    是政橋から ひとつ目の 稲城大橋迄を 

ジグザグに 歩いたようです。

O555555多摩川

今日も天気が 穏やかで

広々とした 多摩川土手 緑地を

順々にウォークしながら 目で追うと 周りに だんだん住宅や

☆ ビルが増えて 遠くに 高層マンションも 覗えます。

東京都と神奈川県が 多摩川を挟んで 競り合い 仲良く注ぐ

行く先は 東京湾アクアラインを 潜り 海ホタル そして

東京湾を経て 世界の太平洋だ!!

O666666ゴール 競艇場前駅

何だか町工場の 雰囲気の駅

其のまま長い 歩道橋を行くと

多摩川競艇場に 着くらしい。

のどかな ゴール受付 空に 雲の 一点もなし。













| | Comments (0)

03/24/2015

weekday ハイキング街並み ウォーク

Y111111『 空堀川と都立公園周辺を歩く 』

西武線 萩山駅~都立東村山中央公園

空堀川~都立東大和公園~多摩湖えん堤

遊園地西駅ゴール 約10㎞~約2時間半 ほぼ平坦な 道 

 西武多摩湖線の 脇を行儀よく 併行してる 狭山境緑道

八坂駅前で 先週のウォークハイキングで 歩いた野火止用水と

交差してる場所を 過ぎると 広大な緑地 [東村山中央公園]が

視えて来ました。

Y222222空堀川

昨夜来の雨で 流れは濁り水で

枯れ草も 茫々 何とも夢のない

そもそも 空堀川の 銘名が冴えないのかも。

☆ それでも河原に 入れるようになっていて 石段が

格好の 腰を降ろせる 場所になってます。

Y333333都立東大和公園

多摩湖の南側で都立最初の丘陵公園です

団地開発のなか 里山が保全される

☆ 市民の想いを結晶し 雑木林の自然や 文化を発展させる

野外博物館のように なっています。

Y444444村山 貯水池

大正5年から 昭和2年に掛け築造

更に安全を確保の為 平成15年~21年

☆ 最新の技術を 取り入れ 堤体の 耐震強化工事を行い

より強固な ダムとして 生まれ変わりました。

Y555555多摩湖 えん堤

とてつもない 石造りの堤は 一直線に

遠く イルミージュ 西武園ゆうえんち

☆ 大観覧車と ジャイロタワーが 灰色の空に ぼんやりと

霞んで 視えてます。

そして湖面の先には 天然とも見える 森林の堰堤が 湖を囲み

天気が良ければ 鷹巣山 雲取山 御岳山など 長く裾野を

引くのが 望めるようです。

Y666666遊園地西駅 = 西武山口線

『 西武園 ゆうえんち 』

「 イルミージュ イルミに願いを 」

願いを叶える! 祈りを受けとめる!と

光の祭典が開催中ですが 今日は ウィクーデーハイキングの

ゴール 園の前は 閑散としています。

駅舎の後は 中国割烹旅館『 掬水亭 』

☆ やがて疲れ切った顔の人や まだまだ此れから もっと

歩くんだと云った人などが 三々五々 続々と 駅舎に向けて

蟻が 巣のなかへ入るように 吸い込まれて いきます。












| | Comments (0)

03/16/2015

weekday ハイキング街並み ウォーク

R111111『 早春の玉川上水から

    野火止用水を歩く 』

西武線 西武立川駅~玉川上水緑道

野火止用水(伊豆殿堀)~小川駅   約10㎞~2時間半

☆ 先週の東大和市 周辺緑地めぐりに かなり重複する

部分があるが 今回は 玉川上水~野火止用水に 移行する

ほぼ直線距離の 延びた コースになっています。

スタート受付で 自分の(最短の駅名と、氏名、年齢)を記した

紙を渡し マップを受け取り ほぼ全員が そのマップを

見つめつつ さあ~ スタートです。

R222222残堀 川

玉川上水 ふせこし (サイホン工法)

上水と 残堀川の合流で 河川が氾濫

☆ 依って 玉川上水が 残堀川の下を流れる 立体交差の

構造になっています。

水の全く 流れてない 川は 初めてで まるで静止画を

見ているようです。

R333333玉川上水 緑道

上水に沿って 延々とつづく 道

三鷹市の牟礼橋~福生の平和橋迄24K

☆ 川辺が すっきり手入れが 出来て 水深は20センチ

位か 川底は 赤茶 黒 薄緑色 等10センチ位の平たい石が

石畳のように並び そのモザイク模様の上を 躍動感に満ちた

流れが 奔っています。

R444444「 甦る水 」 じょうすいこばし

東京都{ 多摩川上流処理場 }

再生水が 岩肌から こぼれ落ち

☆ 「 玉川上水 」 「 野火止用水 」が此処から

新しく 清流に 甦ります。

R555555野火止用水

継承4年(1655)

徳川幕府 老中 松平伊豆守信綱が作る

☆ 銅像は 用水を作った武士 安松金右衛門で 昼も

夜も 工事を進め完成し 此の用水の おかげで 田畑が潤い

近郷の 農民が 救われたそうです。

R666666小川駅= 西武国分寺線

西武新宿線 多摩湖線 拝島線

四つの線が 入り交じる 特異地区です

☆ 確か 小平市 小川と云えば[ ブリジストン ]で有名な

場所と認識していましたが 一方職能開発総合大東京校を

初め 明治学院など 学校が多く 駅前も 賑やかな 商店街に

なっていました。

☆ 今日は風もなく 穏やかな陽気に 恵まれ コースもほぼ

緑道一直線で リズム良く歩け 休み処も 数々点在し 

寒くないので 何処でも 何回も 腰を下ろせる 久しぶりに

のんびり楽しめた ウォーキングに なりました。

ゴール小川駅 受付で カードを 渡すと 50ポイントが 付き

1ポイントが 1円だから 50円です。

スタートも ゴールも 受付けなしで 皆の後ろを辿れば それで

良さそうなものだが 可笑しいですねぇ。

< 歩いたと云う 保証書がほしいのかも >

構内も暖かく 窓ガラス越しに射し込む 光を浴びながら

ホームに 降りていきます。











 



| | Comments (0)

03/09/2015

西武線 駅長おすすめ ウォーク

T111111『 春がもっと 楽しくなる♪

  東大和市 周辺の緑地めぐり 』

西武線 東大和駅~玉川上水緑道~

東京都薬用植物園~野火止緑地~東大和南公園~

玉川上水駅 ゴール  約8,5㎞~約2時間 ほぼ平坦な道

☆ 啓蟄とは言え 春は名のみの 冷たい風が吹いてます。

それでも 彩どり カラフルな いでたちの人達と 春を探して

スタートします。

T222222思惟の道

東大和駅~玉川上水に 向かって

野火止用水上 赤レンガの 遊歩道

☆ 名は思惟の道なれど いろいろ考えたり 思いめぐらしたり

しない 無心で 歩を進めます。

T333333こもれびの 足湯

ごみ焼却炉の余熱を利用した 足湯施設

「けやき」「かし」や 赤松の並木の傍

☆ 本日は 生憎 休業日 テラスで 白い足を 投げ出した

ような ベンチの 椅子が のんびり かしいでいます。

T444444東京都 薬用 植物園

昭和 21年 設立

都内で唯一の 本格的薬用植物

☆ 四季折々に 花が咲き 園内の一角には ケシが厳重な

柵に守られて 栽培されているそうです。

時間があれば ぢっくり見たい 場所です。

T555555野火止 緑地~用水

小平市~志木市の新河岸川迄 約20K

松平信綱が 玉川上水から分水し用水に

☆東大和駅前から 少し行くと ほんの2m位の 幅で

清く澄み切った 小川が表れ それは 脇の道と 高さがほぼ

同じほどの 水面で流れ この辺りは一面( ホタル )の里と

呼ばれてる 処でした。

そして その先の ケヤキや クヌギ コナラ等 雑木の茂る

遊歩道に 入って行きます。

T666666冬 の 景色

向原 中央広場

災害避難 場所

☆郊外の 高層住宅が 数々並び

うすーく どんよりした 灰色の空

広場に枯葉の 散りつくした木々と ベンチの人

何故か もの淋しげな 空間

こんな風景にも ウォークのコースに 入ってます。

明るい 彩りに覆われる日も そう先ではないはず。

T777777都立 東大和南公園

旧 日立航空機株式会社 変電所

建物内部が 【 特別公開 】

☆ 昭和13年(1938)戦闘機のエンジンを 製造する

軍需工場が 建設されました。

昭和20年 戦争の 爆撃で工場は 8割方壊滅し 百数十人

犠牲者のでた場所で 唯一残った変電所の 壁面には

爆撃による 痕跡が リアルに 残っています。

戦争で 多くの命が 犠牲になった事を 誰よりも 雄弁に

物語っている処です。

戦後  70年

東日本大震災から 4年

人の命の かるさを 憂い

『 春を 楽しむ 緑地めぐり 』も

ゴール近くの 公園で しばし ウォークの 歩が 止まる。











| | Comments (0)

« February 2015 | Main | April 2015 »