« December 2015 | Main | March 2016 »

01/21/2016

駅長 おすすめ ウォーク

S111111『 初春 開運招福 新宿山の手

 七福神と穴八幡 お参り 』

西武新宿駅スタート稲荷鬼王神社

大宗寺~法善寺~永福寺~厳島神社~経王寺~善国寺~穴八幡宮

高田馬場駅ゴール  約10㎞~約3時間10分

先ずは稲荷鬼王神社 お堂 端に蛙 「かえる石」が在り

それを撫でて

旅行安全を願う人は 【無事かえる】

開運を願う人は 【良き運がかえる】

金運を願う人は 【金かえる】

縁結びを願う人は 【待ち人かえる】

健康を願う人は 【若がえる】

あらゆる願いを 【かなえる】

これだけ有難い福が 得られる幸せ 丁重にお参りします。

S222222大宋寺 布袋和尚

慶長元年(1596)太宗 建立

信州高遠の藩主 内藤家の墓所

銅造地蔵菩薩像 閻魔像 奪衣婆像など 数々の文化財が

境内に在ります。

S333333法善寺 寿老人

七面 明神像

華麗な彩色と 精緻な彫刻が見もの

狭い路地で ひっそり門前に 建立されてます。

S444444大乗山 経王寺 大黒天

寺社仏閣が あちら此方に 存在する

市谷柳町付近 ゆっくり下る坂道

◇何でもない民家を 想わせる軒下に 大黒さんが鎮座して

其の前に ぎっしり並ぶ人々 奥の上段から見守る

幸せを呼ぶ 笑顔が みえてます。

S555555善国寺 毘沙門天

文禄4年(1595)徳川家康 開基

今や 神楽坂の シンボル・マーク

華やかな花街と 一方奥ゆかしい 料亭街の路地を抜けると

広い道路に出て 両側は 食べ物やさんで賑わい その中でも

存在感抜群 鮮やかな 赤い社が 迫ってきます。

S666666穴 八幡宮

《御祭神》應神天皇 仲哀天皇 神宮皇后

康平5年(1062)奥州の乱を鎮圧した

源義家が凱旋の折 兜と太刀を納めて 氏神八幡宮を勧請し

永く 東北鎮護の社として 祀られました。

さすが将軍家祈願所としての規模も整い 壮麗な建物が数々

見えてきます。

旺盛な樹木に 囲まれた一郭 此処で何となくひと息いれます。

◇今回のウォーク 新宿から歌舞伎町街 都庁に並ぶ高層

ビル群 大手デパートも点在する その先 御苑の前辺りから

ロケットの尖端を 目指すように 中央線飯田橋の近く 神楽坂で

折り返し 早稲田大学と 学習院女子大の 間を抜ける通りを

辿って ゴール高田馬場駅に到着。

◇冬のウォークは お天気にかなり 左右されますが 今日も

空には 一点の雲もない 好天気恵まれ ゴール受付の

目の前に拡がる JR 私鉄の線路に 陽の光がはねかえり 

その上を絶え間なく 電車が走り抜けていきます。












| | Comments (2)

01/11/2016

初春の 七福神

H111111『 東久留米 七福神めぐり 』

  新春の初ウォーク

スタート 東久留米駅 西口中央公園 

多聞寺~米津寺~大圓寺~宝泉寺~浄牧院~東久留米市役所

ゴール 約8㎞~約2時間

◇スタート地点には 〔並木市長〕が 陣頭指揮よろしく 

そして中高生等の 道道に案内係ボランティアもあり

< おはようございます~>挨拶も清々しいスタートです。

H22h2222多聞寺 (毘沙門天尊

鎌倉時代 中期の創建

嘉永5年(18499)に建てられた山門

◇総ケヤキ造り 貴重な彫刻は有名です。 門前から

長い列は 何重にも繋がり庶民の願いは我慢です。

H333333米津寺 (布袋尊)

万治2年(1659)米津家 菩提寺

多摩地区で唯一の大名墓地が在り

東京都指定史跡として 其の景観を今に伝えています。

H444444大圓寺(寿老尊 福緑寿尊 恵比寿尊)

平安初期天安2年(858) 開山

それぞれの三尊像は 山門に安置され

◇七福神が揃って 飾られています

寺院には馬頭観音など 有形文化財のほか 穀ひつがあり

当時の飢饉に備え 穀物を備蓄していたと云われています。

H555555宝泉寺 (弁財天尊

開基は承知5年(8389

童子の すがりつく地蔵菩薩

六面体の石憧に 地蔵菩薩が 刻まれた石憧六地蔵は

東久留米市の 有形民俗文化財に 指定されてます。

H666666浄牧院 (大黒天尊)

文安元年(1444)創建

近郷に10ヵ寺もの 末寺があった禅寺

立派な山門の横には 十二支にちなんだ お地蔵さまが

並び 心なごむ 雰囲気を醸しています。

H777777東久留米市役所

武蔵野の自然を 色濃く残し

貴重な清流と湧水群を持つ東久留米市役所

◇表記 市の広報どうり 自然がいっぱい。

スタート地 街の中心から 落合川の清流を眺め 水辺まで

フェンスのない いこいの広場を経て 南沢水辺公園

そして雑木林が 保全され 透明度は まるで水晶のような 

源泉池を望み  お天気は 果てしなき青空が澄んでます。

数々の七福神めぐりも 快調。

ゴール市役所は

新春らしく だるまなど 数々の出店と ロビーでは音楽合唱や

彩色あざやかな つるし雛 写真展など イベントも盛況です。

《 年年歳歳 花相似たり 歳歳年年 人同じからず 》

と あるが 年も新たに 季節はめぐり  

梅の花や 水仙など 花は必ず咲いてくる

年が新しくなれば なるほど

諸々の事情があれど 毎年毎年

同じことの繰り返しで 「平平凡凡」

それが又 何よりと云う事なのかも知れない。










| | Comments (0)

« December 2015 | Main | March 2016 »